身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑穀の収穫はそれぞれの稔り具合に合わせて、少しずつ進めています。
今日はしもみさんが、ソバの刈り取り、私はアマランサスの収穫と調整、エゴマの調整をしました。
アマランサスもエゴマも初めてでしたが、調整が比較的容易なのと、精穀の必要がないので自家用には適しています。
午後は生協のついでに、つむぎの湯に寄って来ました。夕方は空いていて、ほとんど貸切状態なのでゆったり温泉で温まってきました。かけ流しの温泉が3時間300円とこの辺りでも安い方です。

そろそろ、暖房の準備もしようと、灯油を注文したり、炬燵布団を出したりしています。
できれば、灯油に頼らず、薪ストーブが欲しいのですが‥薪割りがね~

CIMG2100.jpg
アマランサス・エゴマ

CIMG2097.jpg
ヒャクメ柿
スポンサーサイト
3回連続の新月ワークショップ”MOMのスローな暮らし”が今日から始まりました。
第一回目は「自然に生まれ自然に育つ」でした。
ご自分が子どもを産むことは想定外だったMOMさんは、第一子の結くんとの運命的な出会いをきっかけに、ご自分の天命に出会ったのです。
予防接種の弊害や、ホームスクールの考え方、子どもを一人前の人間として認めた子育てなど、とても楽しく学ぶことができました。
これ程までに、子どもと向き合った母親の生き方は、多くの気づきと感動を与えてくれます。
MOMさんのお話を、一人でも多くの女性に聴いてもらいたいという思いは、また一段と強くなりました。
これから母親になる女性は勿論ですが、子育てが一段落した世代の女性に是非聴いてもらい、若い女性のサポートにつながって欲しいと願っています。

ワークショップの後は、つぶつぶランチで秋ごはんを満喫していただきました。


つぶつぶランチ本日のメニュー

ヒエとキャベツのつぶつぶスープ
里芋モチキビご飯
キノコのモチアワバジルソースオーブン焼き
豆乳ヨーグルトサラダ
梅酢ミョウガとワカメの煮物
大根のユズ醤油漬け
ぬか漬けのエゴマふりかけ
デザート
ソバクレープのヒエカスタード
たんぽぽコーヒー
3年番茶

今日から稲刈りもスタートしました。
ゴカちゃん率いる”稲刈りチーム”は皆さん稲刈り初体験。
Uさんとゴカちゃんが田んぼで丁寧に、「正しい稲の刈り方&結束」を教えて下さり、MOMさんのワークショップが終了するころにはほとんど終わっていました。

最後に私と息子用にお取り置きして頂いた稲を刈って、コシヒカリは全面終了しました。
皆さんありがとうございました!

CIMG2083.jpg
つぶつぶランチ

CIMG2087.jpg
稲刈りチームのゴーカなランチ

CIMG2071.jpg
ワークショップ参加者の皆様の見学&体験タイム

CIMG2096.jpg
お疲れ様でした!
朝早くから、かおるさんとしもみさんは裏の藪から出てきた古木や切り株等を集めて燃やしていました。焚き火が温かく気持ちの良い季節になりました。
早速、サツマイモを焚き火の中に投げ入れて美味しい焼き芋が焼けました!

明日は、新月ワークショップ「MOMのスローな暮らし」第1回目です。
朝からつぶつぶランチの仕込みをしながら、参加者や段取りのチェック、チラシ増刷等忙しく過ごしましたが、夕食時までにはほぼ準備も終了しました。
いつも、間際まで準備に追われて結局寝不足で当日を迎えることになりがちなのですが、今回は早く寝られそうです。
こんなに、余裕があるのは‥
もしかして、何か忘れているのかしら?と不安になってしまいました。
最終確認してから寝ることにしま~す!

明日は先週雨天のために延期になった、コシヒカリの稲刈りもします。
ゴカちゃんファミリーと静岡自然農の会のUさんたちが駆け付けてくださるので、心強い限りです!
ここ数日の晴天で、稲はちょうどイイ感じです。
明日も晴れて稲刈り日和、きっと楽しい一日になるでしょう‥

CIMG2064.jpg
釜じぃ

CIMG2066.jpg
ほっかほか~

CIMG2055.jpg
バナナトースト・豆乳ラテ

CIMG2063.jpg
ソバ粉クレープ・ヒエカスタード
「県内こだわりのパン屋さんと学ぶ美味しいパンセミナー」が始まりました。

~日本で生産される材料で、身近に手に入る酵母からパンを作ります。
素性が分かり安心できる国産小麦を使用することは、我々の体を健康にし、生産者を助け、未来に続けられる世の中を作ります。地産地消、身土不二の精神を実践します。
仕事をしながら、家事をしながらでも出来るパン作りをめざしてゆきます。「お米を食べるようにパンを食べる。」~

レジュメの冒頭には上記のことが記されていました。
こんなパン教室に参加したかったのです!
講師は甲府のドイツパン職人工房ヴァルトの渡辺店長さんです。
夜6:30から9:30まで、そのワクワクする内容は初めて知る情報も多く、とーーーっても楽しかったのです!途中、この秋に山ブドウとアケビから起こした酵母で焼いてきて下さったパンを頂きながら、中身の濃い学びでした。
終わったら10時を過ぎてしまいましたが、とても元気に帰ってくることができました。
いよいよ次回は、世界に一つのマイ酵母を採取します!

CIMG2056.jpg
アケビと山ブドウの酵母パン

CIMG2057.jpg
様々な小麦の学び

CIMG2058.jpg
会場は甲府の山梨栄養学園(レトロな学校でした!)

CIMG2061.jpg
バター・ジャム・オリーブオイルソルト・スープ・紅茶を添えて
オリーブオイルソルトが一番パンの美味しさがわかりました。
今日は身延地区の文化祭です。
かおるさんは囲碁&将棋大会に参加するのを楽しみに待っていました。
今朝は早くから気合が入って、受付1時間前に出かけて行きました。
午後からは、しもみさんも太極拳等の演技を観に出かけたので、私も送りがてら見学してきました。
かおるさんの様子を見に行くと、そこだけシ~ンとした囲碁会場で真剣に対局の最中です。
朝から5時間も長いなぁと思いますが、かおるさんは「あっという間に時間が経つ。」とのこと。
昨年の文化祭以来囲碁も将棋も機会に恵まれず、新聞やNHKの囲碁番組が唯一の楽しみでした。
もっと日常的に囲碁や将棋が楽しめるサロンがあると良いのですが‥

無ければ作ればいいのかしら‥
来年離れが出来上がったら、囲碁・将棋サロンもオープン!
いいかもしれない‥

CIMG2053.jpg
真剣!

CIMG2052.jpg
ビワ葉エキスを作りました
今日は秋の大祭、集落の八幡神社の一番大きなお祭りです。
昨年は当番の組にあたっていたので、前日から準備があり忙しかったのですが、今年はなく当日だけ少し参加させていただきました。
夕方、お神輿が我が家の近くまできました。道祖神のところでお神輿の休憩もします。そこで、飲み物やおでん等が振る舞われます。
かおるさんとしもみさんもご近所の皆さんと一緒にお神酒とおでんをいただきました。

そして夜は花火が上がります。
我が家の正面に上がるので、家に居ながら花火のドーン!という振動とともにかなりの臨場感で楽しめました。
昨年はちょうど、花火の時間にコンサートに出かけていたので、今回初めてでしたが、かなりの迫力で綺麗でした~。
お近くの方は是非来年お出かけ下さい!

昨夜の巨人戦は延長戦になり11時すぎまで白熱(かおるさんとしもみさんが)しておりましたが、いよいよ今晩は決着がつくとか‥
二人ともかなりの気合で布団に入りました?!
そうなのです、テレビは入らないので布団の中でラジオで盛り上がるのです。

今夜は早く勝負がついて欲しいと寝不足の私の勝手な希望です‥

CIMG2037.jpg

CIMG2040.jpg
こども神輿も可愛い!
CIMG2050.jpg
た~まや~!

CIMG2036.jpg
またまたリメイクのライスコロッケ

CIMG2044.jpg
畑の野菜
ナスとインゲンのピリ辛煮びたし・大根葉のキンピラ
雨の一日でしたが、気温は高く、外に出るとムッとします。
雨上がりに畑を見ると、昨日にはなかった草がニョキっと伸びているではありませんか!
雨ってすごいんですね~。
そういえば、ネギや玉ねぎの苗も随分と元気になっていました!

今日はカズさんの月命日でした。
炊き込みごはんが大好きだったので、秋ご飯を作りました。
里芋の炊き込みご飯ものっぺ汁も絶品でした!
この秋の定番メニューになりそうです。

CIMG2033.jpg
里芋モチキビご飯・のっぺ汁

CIMG2034.jpg
リメイクして
モチアワ豆乳ドリア・畑のサラダゆずドレッシング
朝からの雨、稲刈りは来週に延期しました。

来週から始まるワークショップのランチメニューを決めたり、諸々の雑用を片付けてから、上記の本を読みました。
埼玉の野口種苗研究所の野口勲さんが今年出版された本です。
CIMG2032.jpg
現在一般的にホームセンターや農協で売られている種のほとんどがF1種(種採りできない)だとは知りませんでした。F1との明記があるのかと思っていたら、F1が主流なので明記などしていないそうです。
反対に在来種や固定種は希少なので明記されているようです。でも一般の店頭では手に入らないので、私も今回この本を読んで、驚くことばかりでした。
在来種の種を購入するために、野口さんのネットショップを利用させていただき、この本も購入したのですが、本の最後は「野菜から健康ないのちや、未来を奪ってはなりません。未来を奪われた食べ物のいのちは、きっと人類に災いをもたらすでしょう。」と警告しています。
「遺伝子組換えは論外ですが、F1は、もしかして本当に安全ではないのかもしれません。」とも野口さんは書いています。
それはそうですよね、わざわざ、子孫を作れない野菜の種を交配して作っているのですから。
私のような素人にとっては、F1も遺伝子組換えも同じになります。
来年は固定種にこだわって野菜を作ることにします!

かおるさんとしもみさんは温泉へお出かけ。
一人のランチタイムは残り物でも、温かいスープで美味しく頂けました。

CIMG2031.jpg
CIMG2028.jpg

10月のワークショップの申込みが未だの方はお急ぎください!
まだ若干名なら大丈夫です。


新月ワークショップ MOMのスローな暮らし
自然なお産・育児・暮らし、そしてホメオパシーを
エネルギーの高まる新月の日に学びましょう!
 

第1回● 2008年 10月29日(水) 自然に生まれ自然に育つ
第2回● 2008年 11月28日(金)  ホメオパシーと気づき
第3回● 2008年 12月27日(土) 一緒に作ろう、お節料理!
 
  10:00~12:00 学びと気づきの時間
  12:00~13:00 未来食つぶつぶランチ

※第3回は未来食や自然食のお節料理をみなさんと一緒に作って、ランチタイムに試食します



講師 富士河口湖町富士ヶ嶺在住の松浦真弓さん

  HP 自然なお産・育児・暮らしMOM
  http://www.mom-jp.org

  参加費:3000円(ランチ代込)




稔りの秋のワークショップ 自然農の田畑から
自然農の稲刈り体験(雨天の場合は保存食作りや
川口由一さんのビデオ鑑賞)と美味しい未来食ランチで
楽しい時間をご一緒しましょう!


第1回● 11月3日 第2回● 11月24日 (ともに休日) 
  10:00~12:00 自然農の田畑見学、稲刈り体験
  12:00~13:00 未来食つぶつぶランチ

※鎌、鍬、軍手、長靴、汚れてもいい服などご持参ください


 講師 芝川町稲子在住の五日市保之さん
 
       ブログ go-ka ゴカなスローライフ
       http://koara501.blog9.fc2.com/


   参加費:3000円(ランチ代込)


いずれの日も、ボトルご持参の方に「創生水」お持ち帰りいただけます

アクセス 身延線「塩之沢」駅より徒歩15分
       身延駅より車で5分
       県道9号帯金中央口(静仙院入口)より直進
       踏切渡って突き当たり

問合せ 〒409-2403 南巨摩郡身延町帯金684
      身延自然農園 ”風”  宮川昌代

      Tel&Fax 0556-62-2801
      mailto:minobusizennouen♪y4.dion.ne.jp
      (♪を@に変えてください)
 
曇り空の穏やかな一日でした。
昨日、稲刈りで汗をかいたお陰で、今日は身体が軽く、畑仕事で身体を動かすのが楽しく感じました。
おまけに、曇りなので、日中に移植や間引きができるので、作業もはかどります。
葉物類の定植や、大根・人参・蕪の間引き、まだ間に合うハーブ類の播種、草刈り等、一日中畑で過ごしました。

途中、ハルの吠える先に猿が登場。
群れに属さず、単独で行動しているハグレ猿です。
大きなオス猿で、悠々と歩き、坂の上からこちらの様子を見ていました。
ハルが吠えても、私が近づいても、ビクともせず上から見下ろしています。
畑では黒豆や小豆などの豆類が生っているので、要注意です。
でも、あんなに強そうな猿では、闘っても勝てそうにありません。
また、会える機会があったら、次回は平和に話しかけてみることにします!
今日は静岡自然農の会のUさんの田んぼで稲刈りをさせていただきました。
富士山を真正面に仰ぎながら、開けた所での稲刈りは最高な気分でした!
久々に一日汗を流しての作業でしたが、やはり、自然農の田んぼは心地良く、筋肉痛と反比例でエネルギーが充電されていくように感じました。
畦で頂くお昼ごはんの美味しいこと!
Uさんの煮物最高でした!
鋸鎌1本で、お金では買えない感動の体験ができる自然農‥
世の中にこんなに素敵なことがあるなんて、私ももっと早くに出会いたかった!

お茶を飲みながら、我が家の稲刈りも明後日に決まりました。早生のコシヒカリだけ刈ることにします。
感動の自然農の稲刈りを体験してみたい方は、是非ご一緒にどうぞ!

CIMG2022.jpg
CIMG2024.jpg
CIMG2026.jpg
CIMG2025.jpg

昨夜、ニュースの後NHKスペシャル「世界同時食糧危機」なる何とも恐ろしい番組が始まり、つい観てしまいました。
そして、どうしても黙っていられなかったので、長くなりましたがついブログってしまいました。

なんでも、中国やインドの生活レベルが上がり、穀物を世界から大量に輸入するようになった事と、アメリカがバイオ燃料のために、トウモロコシの輸出を制限するようになった事等により、世界の人口に対しての穀物の生産量が絶対的に不足しているとのこと。
そして、その対策として、限られた農地からより多くの穀物を生産するには、品種改良しかないと結論付け、遺伝子組換技術の世界最先端の研究をリポートしていました。
こんなに不安を煽って、一体何を企んでいるのかしら‥
今までもそうでした、メディアが大騒ぎしているときは、その裏で重要なことが進められていたり、今回のように悪戯に不安を煽っておいて、何かを正当化していく手段です。
世界の人口と穀物生産量、農地という膨大な数字はいくらでも数字のマジックで演出できるのでしょう。食糧危機=遺伝子組換しか残された道はない‥と一般庶民の理解を得て、その一般庶民の生活のことなんかどうでもよいと考える世界の一握りの大資本家のマネーゲームの犠牲になるのだけは、ご免被りたいものです。

食糧危機は大丈夫!
肉食中心の食生活を穀物中心に転換すれば良いだけのこと。
だって、牛は本来草食動物なのに、穀物の飼料をそれも人の7倍、豚でも4倍の穀物が必要だとか、世界の牛が食べている高キビは、未来食クッキングで肉よりも美味しいご馳走になり、栄養価もバランスよく優れ物なのです。
そして、雑穀は生命力が強く、肥料も農薬も使わずに、荒れた農地や山間部でも容易に作れます。
また、雑穀は精穀しない状態で何年でも保存できるのです。
食糧危機が現実のこととならないうちに、眼の前のお肉について少し考えてみませんか?
かおるさんとしもみさんは、午前中隣町までお出かけ。
私は海老原よしえさんのCD「めぐりめぐる」「ありがとう」をエンドレスでかけながら、チラシの発送作業をしました。
作業を終えると、急におかし(お菓子)な気分になり、雑穀タルトを焼きました。
昨日塩煮しておいた紅玉があったので、ヒエ粉のカスタードパイと高キビ粉のアップルポテトパイを作りました。
一人で何も考えず、雑穀のお菓子を作っていると、ほんわかと心が温かくなってきました。
それにしても、ノンシュガー、ノンバター、ノンエッグなのに、こんなに幸せなスイーツがこの世の中にあるなんて‥
美味しかった!

CIMG2019.jpg
ヒエカスタードパイ

CIMG2020.jpg
アップルポテトの高キビタルト

CIMG2021.jpg
ギフトにしました

CIMG2017.jpg
CIMG2016.jpg
そば粉のクレープ~塩煮りんご&ワインレーズン
今朝も甲斐と散歩に行きましたが、引っ張られて、私の方が散歩に連れて行ってもらっているような‥

午前中、ソラマメを播いて、サツマイモを少し掘り、干し柿の棚を修理しました。
高い所は苦手なのですが、助手のしもみさんが有能なので、案外と簡単に終わりました。

先日、料理教室の「ミレットパーティー」で教わってきた、豆乳ヨーグルトを昨日作ったので、今日はランチのサラダに使ってみました。

昨日の夕食も畑の野菜で作ったのですが、中でも、ニンジンの葉のふりかけが絶品でした!
一物全体、捨てるところは何もありません。

CIMG2004.jpg
キャベツと厚揚げのひしお味噌炒め
野菜とこうや豆腐の煮物
人参の葉のふりかけ

CIMG2013.jpg
畑の野菜のペペロンチーノ
ライタ(インド風豆乳ヨーグルトサラダ)

CIMG2003.jpg
ミレパさんお勧めのヨーグルトメーカー

CIMG2011.jpg
こわぁ~‥
今朝は吐く息が白くなりました。
久々に準備運動してから、甲斐の散歩に行ってきました。甲斐の力は強く、筋肉痛が‥
穏やかな秋晴れの週末は、暖かく静かです。
サツマイモの試し掘りをすると、大きなお芋ができていました!ランチは釜揚げうどんだったので、早速サツマイモの天ぷらでいただきました!

CIMG2000.jpg

CIMG1997.jpg

CIMG2002.jpg
本日の収穫

CIMG1999.jpg
お粥パンと玄米ビーフンスープの朝食
今朝は空気が冷たく、畑も夜露に濡れた野菜が冷蔵庫に入っていたようです。
春菊の種を播いて、身体が冷えるので早々に家の中に入りました。
日中の日差しが温かく心地よく感じるようになりました。
お布団のぬくぬく感も気持ち良いですね。

昨夜の玄米粥が沢山余ったので、お粥パンを焼きました。
今までわざわざお粥を炊いてまで作る機会がなかったので、初めて作りました。
レーズンを入れて、ゴマと胡桃をたっぷりまぶして焼くと、とってもフワフワと香ばしいお粥パンになりました!

CIMG1996.jpg
朝のうちに、田んぼの大麦を播いて、大根やカブ等の間引き、野菜の収穫、雑穀の収穫をしました。
アマランサスとエゴマは初めて作ったので、収穫の見極めに自信がありませんが、どちらも、遅くなると脱粒してしまうので、早めに収穫してみました。

畑には今も様々な蝶々が飛んでいますが、蝶は春だけではないのですね~

日が短くなり、3時を過ぎるとヒンヤリしてきて、5時には暗くなり始めます。
山々の景色が日替わりで変化していく今の季節はとても気持ち良く、しばらくボーっと景色を眺めるのも楽しいものです。

CIMG1987.jpg
アマランサス

CIMG1988.jpg
エゴマ

CIMG1993.jpg
クロアゲハ

CIMG1995.jpg
玄米粥のキノコあんかけ

昨日から急用で横浜へ行き、今夜の帰りの車中で上記の本(上野千鶴子著 法研発行)を読んできました。
「ようこそシングルライフへ!」で始まる本書は、誰でもいずれは一人になる、シングルライフルのキャリアである著者が「おひとりさまの老後」をいかに楽しむかという、ハードとソフト、特にソフト面を重視して書かれた、かなり現実的な内容の本でした。
長年二人の老後については考えたり、それなりの準備もして、その延長線上にこの身延での暮らしもあります。
それが突然、カズさんが居なくなり、去年から始まったシングルライフ青葉マークの私には、片付ける物が横浜の家の荷物だけではなく、私の心の中にたくさんあることに気が付きました。
やはり、この世の中の出来事は全て偶然ではなく必然なのだと、久々に考えさせらました。
夜中に到着したようくんは、早朝から、ハルと甲斐の散歩にいってくれました。
朝食後には、かおるさんの手伝いで、庭に土を運び、一仕事終えたところで、雨が降り出しました。
昨日は田んぼに大麦を播いたので恵みの雨です。

秋になり身延では美味しいキノコが店頭に並んでいます。
今日のランチはようくんのために、秋ごはんを作りました。

CIMG1983.jpg
きのこのアワバジルソースオーブン焼き

CIMG1984.jpg
新米のモチキビ栗ごはん

八つ頭のお味噌汁に、地這キュウリと切干し大根のハリハリサラダ、漬物で美味しく頂きました。


夕方、暗くなってから、ゴカ邸でのコンサートへ出かけてきました。
ゴカ邸は非電化生活なので、ランプとキャンドルの明かりの中、素敵なコンサートでした。
小さな人たちも多く、闇夜に興奮してか、テンションの上がった小さな人たちのはしゃぐ声とオーボエが妙にマッチングしていました。
普段は養護学校の教員をされていらっしゃるという、5人のメンバーの温かみがそのまま音になって、ゴカ邸に心地よく響いていました。
あっという間の1時間、とってもリラックスできました。

コンサートの後は、美味しい夕食。畑の恵みのお味噌汁は絶品でした!
楽しい時間をありがとうございました。

CIMG1974.jpg
演奏者はヘッドライト!

CIMG1979.jpg
人数が多いほどゴーカ!

CIMG1978.jpg
大勢で食べると更に美味しいね!
ピースフード・インストラクター、ミレパさんの料理教室「ミレット・パーティー」に参加させて頂きました。
山の景色が奇麗に見える、明るい2階のキッチンとダイニングで、今日はモチキビのオムレツ・車麩de肉じゃが・豆乳ヨーグルト・ライタ(インド風豆乳ヨーグルトサラダ)・おすいとんスープを教わりました。
楽しく、テキパキと次々と料理が完成していき、2時間で全て出来上がりました。
ミレパさんが焼いて下さっていたパンも添えて、とっても美味しく頂きました。
2時間なのに、あっという間でした。それでいて緩やかな流れは、きっと、無駄のないミレパさんの動きとトーク、気配りからくるものなのでしょうか‥
今日はとっても良い勉強になりました。

CIMG1968.jpg
もちきびのオムレツ生地は卵みたい!

CIMG1969.jpg
ライタを添えて

CIMG1970.jpg
心もお腹も満たされる美味しさでした!
6日から2泊で山形いのちのアトリエへ行ってきました。
初めてのアトリエでしたが、不思議と初めてに思えない、とても居心地の良い素敵な家族と家でした。
雑穀料理の実習と天女講座、雑穀の収穫等盛り沢山の内容で、あっという間に3日が過ぎました。
ゆみこさんに教わることは、いつも最新の情報なので、彼女のジャンルの広さと深さにはいつもながら、感心させられました。
今回も新しいレシピを教わりましたが、美味しかった~!
つぶつぶ料理の感動的な美味しさに出会ってから、それまで好きだったお寿司もフレンチもイタリアンも中華も、何か満たされない味気ないものになりました。
私も感動を与えるつぶつぶ料理を作れるようになるために、また今日から頑張ります!
皆さん、私の料理の腕を磨くために、是非食べに来て下さいね!

山形からの帰りに横浜のさきちゃんのところで2泊してきました。
カズさんのお父さんの人間ドッグに付き添ったり、DちゃんとMちゃんの婚約おめでとうパーティーに参加してきました。
成長したさきちゃんとゆうちゃんと遊べて楽しかったです。
義父も元気で安心しました。

夕食の時間に帰宅した身延では、巨人戦が優勝をかけて白熱しているところでした。(ラジオしか入りませんが)
カズさんもかおるさんも昔からの巨人ファン。
優勝が決まると、かおるさんとしもみさんは熱い握手を交わしていました。
巨人が勝った翌日は、身延駅まで新聞を買いに行くかおるさんですが、今夜はきっと良い夢が見られることでしょう。

CIMG1946.jpg
いのちのアトリエ

CIMG1944.jpg
南側は全面ガラス張り

CIMG1935.jpg
中華のブランチ

CIMG1959.jpg
今回はメークの時間もありました。




今日は月1回の学びの会でした。
長坂まで車で1時間ちょっとかかりますが、途中南アルプス市を抜けて、武川から長坂に入りますが、山や田畑の景色が美しく、毎回ドライブを楽しみながら行っています。
三井さんの田畑は、稔りの秋らしく、収穫を迎えた野菜が豊かに稔っていました。
毎回、三井さんの田畑を見ると、いつか私の畑もこうなると思え安心します。
また、私のようなほとんど素人の質問にも、丁寧に答えて下さる三井さんには毎回頭の下がる思いです。
終了後、畑の横で食べるおにぎりの美味しいこと!やはり、場がいいのでしょうね。

明日からつぶつぶインストラクターセミナーで山形いのちのアトリエへ行ってきます。
山形では、雑穀の収穫もする予定です。数ヵ月ぶりにお会いするメンバーとの再会も楽しみです。

CIMG1918.jpg
牛(ハザガケ)の実習
Dちゃんが彼女と二人で、婚約の報告にやって来ました。
性格も良く、可愛い彼女はかおるさんもしもみさんもファンです。そして、宮川の家族もこんなにイイ人がDちゃんのお嫁さんにきてくれることが嬉しくて、大歓迎です!
二人揃って、カズさんに報告していました。カズさんも嬉しそうでした。

午後から、Dちゃんたちと一緒に、赤沢宿の工房「淳司」まで出かけました。
出来上がった仏像を見せていただいたり、これまでの作品の写真を見せていただきました。
素晴らしいお仕事は、やはり、自然に抱かれた生活があってこそのように感じました。

夕食は未来食のおでんでお祝いをしました。
二人の幸せにあやかって、私たちも美味しく頂きました!

CIMG1915.jpg
おやつ:もちあわドーナツ

CIMG1916.jpg
おでん:もちあわの袋煮

CIMG1917.jpg
ジャガイモのペペロンチーノ
爽やかな秋風が吹き、畑でアマランサスと高キビが風に合わせて揺れていました。
今日も温かい日差しだったので、明日から嬉しい報告にやってくる息子たちの布団を干しました。
午後、生協の荷物を取りに出かけようとしていると、またまた甲斐が脱走の連絡。
今回は上のお寺に遊びに行ったようです。
迎えに行くと、電気屋さんの車を追いかけてちょうど、全速力で駆け下りてきました。
「甲斐!」と呼ぶと、すぐに引き返して、私のところに嬉しそうにやって来ました。
嬉しそうに尻尾を振る甲斐を怒るわけにもいかず、呼ばれて来たのでいっぱい褒めてあげました。
本当にカワイイ子です。

CIMG1912.jpg
天然舞茸のハヤシライス・ハヤトウリと切干し大根のハリハリサラダ
昨日は久々に青空が広がり、山も遠くまで綺麗に見えました。
溜まっていた洗濯物と布団干しに掃除と、午前中はしもみさんと二人で大忙しでした。
居場所のないかおるさんは、「温泉へいってくる~」と一人でお出かけでした。
身延町はお年寄りが無料で温泉に入ることができるのです。

埃に弱い私は、鼻炎が始まり、夜は早い時間に休みました。
おかげで、今朝は楽になり、早起きしてブログの更新をしています。

昨日、「2008秋のワークショップ&つぶつぶランチ」のチラシが出来上がりました。
今回はMOMさんが、手書きのイラスト入りで素敵なチラシを創って下さいました。
MOMさんの「新月ワークショップ」もゴカちゃんの「秋の稔りワークショップ」も、つぶつぶランチとセットでとってもワクワク楽しい内容になっています。
チラシはご連絡頂ければ、ファクスや郵便で送りますよ~

CIMG1909.jpg
ランチ:五穀甘酒のヒエ粉ホットケーキ&押し麦サラダ
    出雲の紅茶

CIMG1911.jpg
おやつ:高キビ団子のお汁粉・三年番茶 
朝から、秋播きの種をかなりのペースで播きました。
つぶつぶ祭りの準備や片付けで遅れていたところに、雨が続いたので、9月に播く種も今日になりました。
小カブ・ホウレンソウ・小松菜・大根・ごぼう・ニンニクを2条づつ播いて、ミズナの移植や大根に付いた青虫取り、ニンジンの畝の草刈り、田んぼの倒れた稲救出等々、今日は一日中畑人(ハルサー)でした。
秋の畑は暑くも寒くもなく、ひたすら気持ち良く仕事が楽しめました。

CIMG1908.jpg
ランチ:自然農の野菜ペペロンチーノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。