身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は佐久市で行われた山梨県と長野県の有機農業研究会の種苗交換会に参加してきました。
清里から先に車を運転して行くのは初めてだったので、地図を念入りに調べて、朝早めに出かけました。
今年初めての清里は雪で真っ白でしたが、峠を越えて長野県に入ると、とっても良い天気で晴れていました。

目的地の臼田は小諸からも近く、これなら高峰温泉にも車で行かれると思いながら運転していました。

今回も頂いた種以上の多くの学びと気づきを得ることができました。
今日の学びを明日からの田畑での実践に活かして、私も個性的な種をつないでいきたいと思いました。

昼食時間はそれぞれの作物で作った料理を持ち寄りました。
私は、高キビの種を出していたので、高キビマーボー豆腐を20人分作っていきました。
雑穀を作ったけれど、調整方法や料理方法をもっと知りたいという方は意外と多いようでした。

行きは一人で運転していきましたが、帰りはごかちゃんが運転してくれたのでとっても助かりました。
スポンサーサイト
今週は月曜日にいるふぁのクッキングクラブへ参加して、ゆみこさんにお料理を教えて頂きながら、とっても楽しく美味しい時間を過ごしてきました。
またまた、新しいメニューを教わって来たので、そのうちCaféのメニューに登場すると思いますよ~。お楽しみに!

その後はまた連日埃にまみれて、横浜の荷物の片づけの続きに、朝から晩まで集中していました。
というか、これ以上時間的に余裕がなかったので、かなり必死な状況でした。
今回は大きな家具を身延へ送るので、何十年ぶりかで、箪笥の裏側を掃除できスッキリ!
山のようなゴミを出し、「いかに必要のない物に囲まれて暮らしていたのか、必要のないものを消費していたのか‥」と考えさせられました。
これからはよりシンプルに暮らしていきたいものです。

身延へ帰ると、ヤスくんの試作した椅子が出来上がっていました。檜の柔らかい感触の椅子はなかなかの座り心地で、これからデザインを詰めていきます。3月のワークショップにはお客様に座って頂けるのを楽しみにしています。

CIMG2651.jpg
試作第一号


~お願い~
最近迷惑メールが多く、毎日削除する作業に困っていました。コメントの際少し手間がかかりますが、試しにスパム対策の画像認証機能をつけてみました。
ご面倒おかけしますが、コメントのページの最後に認証番号を入れて下さい。
さきちゃんたちと、クラフトパークのアスレチックで遊んできました。ちょうど梅が満開でとっても良い香りでした。
長いローラー滑り台がお気に入りで、ゆうちゃんと何回も滑って来ました。

午後からは雨畑の温泉へ行き、他に入浴客がいなかったので、貸切の状態でゆっくり温泉を楽しんできました。さきちゃんもゆうちゃんも温泉が大好きなので、私たちもゆっくり入ることができました。というか、なかなか上がれず湯あたりでした‥。

明日はさきちゃんの車に同乗して、横浜へ行きます。
いるふぁのクッキングクラブに参加して、横浜のタンスを送る作業をしてくる予定です。

CIMG2638.jpg
一人ですべるよ~!

CIMG2641.jpg
ログハウスだーいすき!

今日から幼稚園が3連休なので、さきちゃん一家が久しぶりに遊びに来てくれました。

さきちゃんが車から降りると、風が急に暖かくなりました。
歩くのが上手になったゆうちゃんとさきちゃんが、家の周りを歩くと、たくさんの妖精が集まってくるようです。

家の中でもさきちゃんたちのお陰で、なぜか暖かです。不思議ですね~。

夕食はひえそば大根の春巻きを沢山作りました。ゆうちゃんも手に持ってかぶりついて食べてくれました。
さきちゃんは、江ノ島から送って頂いた、天然わかめのお刺身がお気に入りで、何回もおかわりしていました。大勢で食べる食事は楽しくておいしいですね~。

CIMG2629.jpg
裏口の食品庫のリホームが終わったので、今日は食品を棚に収納しました。
今までは、押し入れのような深い棚でしたが、収納する食品のサイズに合わせて、幅の狭い棚にしてもらいました。
お陰で、たくさんの収納ができた上に、一目で在庫がわかり、精米機の作業スペースも確保できたので大満足です!
ヤスくんありがとう!

夕方司法書士のI先生がみえて、役所に提出した農地関係の書類に不備があると教えて下さいました。その後一緒に離れの宅地予定場所の測定をして下さり、役所の書類の訂正をして頂くことになりました。
I先生が気づいて下さったので、良かったのですが、このまま気づかなかったら、5月から離れの工事ができないところでした。
危なかったですね~。

いつもこんな感じで助けていただいて、本当に有り難いことです。
今日もとってもいい日でした!
昨日は畑人、今日は鍬を刷毛に持ち替えて、棚の仕上げをしました。
先月、ヤスくんが作ってくれた、食品用の棚に仕上げのオイルを塗って、ゴシゴシ磨きます。
ドイツ製の天然オイルは、と~ってもいい香りがします。塗りながら、森の中にいるような感じでした。

キッチンのカウンターも搬入して、仕上げオイルの色決めをしました。助手が非力な私なので、ヤスくんも大変だと思いますが、どうにか今日一日無事に終わりました。

裏口の食品庫が完成したので、明日はそこに食品を収納します。
家の中は、倉庫の物や製作途中のカウンター等が置かれ、どこかの現場のような感じです。
冬で良かった‥。

CIMG2625.jpg
オイルを塗って磨くと檜の木目がきれいに浮き上がります。
この春からお米作りを始めるZ郎さんの田んぼで、今年初めての作業でした。
苗床の準備と、溝掘り。久々の力仕事だったので、筋肉痛になりそうですが、やはり田んぼはいいですね~。日当たりの良い田んぼなので、いいお米ができることでしょう。
ごかちゃんやヤスくん、総勢7名だったので、広い田んぼでも何とかなりましたが、これから、それぞれの田んぼが忙しくなったら、集まれるかしら?

自然農に関心がある方、田んぼでご一緒にお米作りを体験しませんか~?

帰宅後、お風呂でよ~く温まり、ストレッチをしておきました。
おやすみなさ~い‥。

CIMG2622.jpg
はじめまして‥

CIMG2623.jpg
苗床の表土を削って

CIMG2624.jpg
糠を播いて、藁で覆います
周りに溝を掘って終了!


朝から、大豆を蒸し始めて、圧力鍋との併用で、5キロの大豆を蒸して潰して、午前中いっぱいかかりました。
昼食後から、麹と混ぜて、杉樽に仕込みました。

思い切って全量(出来上がり味噌20キロ)やりましたが、味噌玉作りの頃には、もう力が入らず、しもみさんにも手伝ってもらいました。

来年は、大勢いる時に作ることにしたいですね。

CIMG2617.jpg
一晩水に浸けておいた大豆を蒸籠で蒸したり
圧力鍋で煮ます。

CIMG2618.jpg
蒸しあがった大豆は餅つき機で潰します

CIMG2619.jpg
潰した大豆を塩切り麹と混ぜて

CIMG2620.jpg
丸めて味噌玉を作り

CIMG2621.jpg
樽の底めがけて玉を投げつけ
塩蓋して重石を載せて、紙蓋して出来上がり!

半年後から食べられますが、1年間はジッとガマンして熟成させます。
1年後が楽しみですね~。
昨夜横浜から帰り、今日は持ち帰った荷物の片づけや、掃除洗濯で1日が過ぎてしまいました。
横浜へ行っている間に、注文してあった杉樽が酒造メーカーから届いていました。お酒の香りがプンプンです。樽を干して、大豆を水に浸けて、明日は味噌を仕込みます。

昨年はプラスチック製の漬物樽に味噌を仕込みました。プラスチック製は軽いので、私やしもみさんでも移動できますが、杉樽は重いので断念していました。
ところが、この春から息子が身延へ来ることになったので、思い切って今年は念願の杉樽に仕込むことにしました。

CIMG2615.jpg

昨日は、両家の顔合わせでした。
遠く長崎から大ちゃんとみきちゃんのために駆け付けて下さったご両親と、町田の叔母様ご夫婦をお迎えして、お食事会を催しました。
それなりに緊張した場が、おじいちゃんの爆笑挨拶で雰囲気が和み、楽しくおしゃべりしながらの会食となりました。
長崎のご両親も叔母様ご夫婦も、本当に温かい人柄の方々で、お会いしてすぐに嬉しくて感激してしまいました。
息子が大好きな人と巡り合えただけでも幸せですが、皆様に祝福されて結婚できること、母としてこんなに嬉しいことはありませんでした。

CIMG2613.jpg
会食前に
今日は気温が上がらないので、暖房のあるキッチン周りの片付けを一日やっていました。
午後からは大ちゃんも手伝ってくれたので、どんどん片づいていき、カズさんのことを話しながら楽しく作業ができました。

なかなか手が付けられないでいた、キッチンの収納から食器を全て出し、選別して洗って、収納棚の掃除をして、また食器を収納する頃には10時を回っていました。
昔は好きではなかったので、使わず奧にしまってあった古い食器類が、今になると、とてもしっくりと馴染み、これにお料理を盛りつけてみたいな~なんて思えました。
自分自身が変わると、周りとの関係もおのずと変わっていくのですね。

明日は室内の物置をやっつけま~す!

CIMG2612.jpg
テーブルの下にも山積み
今日から、横浜へ来ています。
今回で片付けは終了とする予定で来ました。(と宣言することで自分にプレッシャーをかけています!)

お昼前にこちらに着きましたが、お墓参りや、買い物、歯医者などの用を済ませて、さきちゃんとゆうちゃんに会いに行ってきました。

ちょうど、幼稚園から帰ったさきちゃんが家から飛び出してきて再会のハグ!ゆうちゃんはお昼寝起きで、仙台あーちゃんに抱っこでした。
みんなでおやつを食べ、先日行われた幼稚園の音楽会のビデオを見せてもらいました。

歌やダンスを楽しそうに演じているさきちゃんの姿に、安心しました。ゆうちゃんは、またまたおしゃべりが上手になり、マテマテ遊びが大好き!
二人の笑い声にしばし癒されてきました。

息子たちは遅いので、義父と二人で夕食を食べながら、さきちゃんたちの事を報告しました。
上永谷の家は静かです‥。

CIMG2599.jpg
今朝の富士山(富士川SA.)
今朝は霜が降りて寒かったこと‥。こんな日はお布団からなかなか出られませんね~。
でも日中は、グングン気温が上がりポカポカ陽気になりました。

しもみさんと、前の山に探検に行ってきました。山の中は静かで風もなく、日が当たらないのに、なぜか暖かく感じました。日差しが届くところには、雪の下が小さい葉を精一杯広げていました。

夕食に畑のニンジンや大根を抜いてきました。
土の下で、霜に合った根菜は旨味を増して、料理して食すと、身体が温まります。
自然は本当によくできていますね~。
外の日差しは暖かく、外の作業が気持ち良いです。
3月になると何かと忙しいので、今のうちに畑もできることはやろうと、エンドウの支柱の準備をしました。
作業しながら、今年はあそこの畝に何を植えようかしら‥などと考えるのも楽しいものです。

急にほろほろあんのお菓子が食べたくなったので、ヨモギでほろほろ餡のヨモギ餅を作りました。
五穀ごはんで甘酒を作ってあるので、いつでも食べたい時に、すぐに作れてしまいます。
何ともいえない、ほんのりとした甘みとヨモギ餅の皮のもっちり感がたまりません。10個作っても、3人でペロリと平らげてしまいました。

夕方、早めに夕食のそば粒餃子を仕込んでから、門野の湯へ行ってきました。
かおるさんとしもみさんは無料で入れます。私は300円。単純硫黄泉のアルカリの温泉(PH8.7)でした。ぬるい浴槽と熱い浴槽があり、気持ち良く入ることができます。
風呂上りに、外へ出ると、お月さまと星がとってもきれいに出迎えてくれました。

CIMG2596.jpg
冬の畑は、一見して何もないように見えますが、土の下でちゃあんと霜にあたりながら、ニンジンやゴボウ、大根が美味しさを増して、スタンバイしています。
そして、地上にも、よ~く探すと、食べられる草があるのですよね~。

今日は田んぼでもセリをみつけました!
夕飯のおかずは摘み草料理で、身体が軽~くなりました!

CIMG2592.jpg
昨夜は2番手入れを断念して、今朝しました。
そして、夕方綺麗に色づいた麹が出来上がりました。
冷まして、塩を混ぜて(塩切り)、味噌を仕込むまで休眠させておきます。

CIMG2589.jpg


5キロの麦から7,5キロの麹ができました。
これに、2,5キロの塩、5キロの大豆で味噌を仕込むと、1年後にはおよそ20キロの麦味噌ができる計算です。
2月中には仕込みたいですね~。

今日はゴカちゃんと一緒に、身延駅近くのZ郎さんの田んぼを見学してきました。
日当たりの良い開けた場所にある田んぼは2反、少し奥まった所には、1反の田んぼがあります。
しもみさんと同年齢のZ郎さんは、昨秋、腰を痛めて、今年からお米作りはやめることにしたそうです。
そんな時「ゴカちゃんの田んぼクラブ」のチラシをたまたま目にして、自然農に関心を持たれ、お声をかけて頂きました。
有り難いですね~。

タイミング良く、Z郎さんの腰痛は2日前に急に良くなったとのこと、今年は私たちと一緒に自然農で、古代米等と自給用の米を作ることになりました。

自然農に興味がある方、月に1回位、田んぼに集まって、私たちと一緒に、お米を作りませんか?
場所は身延駅から徒歩5~6分の徒歩圏内です。
費用はかかりません。道具は鋸鎌(¥500)のみです。
問い合わせは身延自然農園までお願いします。
第1回目は2月18日午前中に、苗床準備の予定です。


田んぼの近くにある大野山本遠寺の檜皮葺きが見事と教えていただき、Z郎さんに案内して頂きました。
素晴らしいお寺でした。お万の方の菩提寺とのこと。桜や梅、山梨で1番大きいというクスノキ等、近くにこんな素敵な場所があったとは‥
昔の身延小学校の1年生が遠足に来たそうです。
お万の方のお墓は高いところにあるので、そこまで上ると、お寺の屋根がよ~く見えました。

ちなみに、お万の方は昨日行った白糸の滝で身を清めて、それまで女人禁制だった七面山に入り、女人禁制を解いた方だそうです。

CIMG2588.jpg


麹はとっても元気に育っています!

CIMG2584.jpg
午後、1番手入れ(麹を混ぜる)
全体に白い麹菌が付着している状態です。
36度の温度が手入れをすると29度に。

5時間後、思ったようには温度が上がっていないので、湯たんぽのお湯を取り換えて、室温を上げてもう少し様子を見ようと思います。
できれば、今夜のうちに品温が上昇(45度くらい)してくれると、2番手入れができるのですが‥。

今日は早朝に、ようくんが横浜から到着。
朝食を食べてから、赤沢宿まで、一緒に出かけてきました。

木工房「淳司」で買い物をしてから、白糸の滝を見学して、雨畑のすずりの湯で温泉を楽しみました。
平日なので、温泉は貸切状態でした。

CIMG2585.jpg
雄滝の前で
今朝から、麦味噌用の麹作りを始めました。今日から3日間、温度管理をしていきます。
昨年の反省を生かして、今年は倍量仕込んでいます。

CIMG2577.jpg
①7:00 麦を水洗いして、3時間水に浸けておく。
②10:00 蒸籠で40~50分蒸す。

CIMG2579.jpg

CIMG2581.jpg
③11:00 蒸しあがった麦を広げて45度まで冷ます。
       麹菌(もやし)を混ぜ込むと30~35度になる。

CIMG2582.jpg
④11:30 麦を米袋に入れて、特設温室に移動する。室温28~30度、品温30~35度に保つ。

湯たんぽや電気毛布等で温度調節し、時々温度を計りながら明日の1番手入れまでそっとしておきます。

3日後が楽しみですね~。

今朝、ネットで注文したストーブが届きました。すぐに組み立てて温かい炎に「嬉しいね~!」
CIMG2578.jpg
今回はシンプルなストーブにしました。


今日はとっても良い日です!

麦がちょうど良く蒸せました。

朝一番にストーブが届きました。

初めてお目にかかる静岡のK氏が「ブログ見てますよ~。今度食べに来ますね。」と、わざわざ立ち寄って下さいました。

自然農のワークショップのチラシを見た方から、身延駅近郊の2反の田んぼを使ってくださいと嬉しい申し入れのお手紙が届きました。

初物、フキノトウを収穫しました。
CIMG2583.jpg
天ぷらと切り合え味噌にしました。

今日は節分、かなり元気に「おには~そと!ふくは~うち!」

梅の花に水仙、ヨモギにフキノトウ、土の下は春ですね~。


明日も楽しみだなぁ~‥。
寒くなりましたが、朝、外へ出ると、朝陽のあたった白い雪の七面山と青い空が美しく思わず「きれい~!」
森の精気が全身に行き渡るような気持の良さです。

お天気がいいと、やたらと動きたくなります。というか、ストーブが故障しているので、動いている方が暖かいので‥。

午前中は2階の布団類を片付けて、家中の掃除。
午後は農林22号の脱穀、糠ともみ殻を田んぼに播いて、電線にかかりそうな竹の伐採、去年仕込んだ麦味噌を蔵から出してきて容器へ詰め替え、野菜の収穫‥。
一日よく働きました!

夕食は自家製味噌の味噌汁と自然農の脱穀したての玄米を炊いて、畑の野菜と雑穀のおかずで頂きました。しあわせ~!

明日から麦味噌用の麹を仕込む予定です。

CIMG2575.jpg
昨年初めて作った麦麹の味噌

CIMG2576.jpg
玄米ごはん・味噌汁・白菜漬物・ゴボウと高キビの炊き合わせ
刺身こんにゃく・ブロッコリー・カボチャの豆乳グラタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。