身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと留守していた身延へ帰ってきた途端、いろんな事が動き始めました。
昨日は、午前中に大野の田んぼの草刈り、久々に汗を流して、早川町チームの皆さんとお弁当タイムにお話できて楽しかったです。
何かワクワクすることが新しく始まりそう‥。

夜はナナさんのアトリエで、つぶつぶ祭りの実行委員会。ナナさんに美味しい夕食をご馳走になりました。
CIMG3609.jpg

CIMG3611.jpg
ナナさん特製 インゲンのクタクタ煮冷製パスタ&ライタ

CIMG3613.jpg
はるにれさん特製 つゆだくトマト丼

やっぱり、つぶつぶは美味しくって、お腹も心も満足するので、元気が出ますよね~。
ナナさん、はるにれさんありがとうございました~!!

つぶつぶ祭りは9月23日です。今年はフリーマーケットや美味しいつぶつぶ料理の出店、太鼓やひこさんのライブ、MOMさんのホメオパシー講座、ゴカちゃんの田んぼクラブ、オルチョサンニータのイタリア料理教室等々、楽しさも美味しさもバージョンアップして只今準備中です!
今から予定を空けて是非、身延自然農園“風”にお出かけ下さいね~!!


今日は、早朝から田んぼで草刈りをしました。草の勢いが強いので、とりあえず、草に負けて「助けて~!」と悲鳴の聞こえている畝から草刈りを始めました。
2時間ほどで汗と雨でびしょぬれ。
今日はこのくらいにしておこうとしましたが、なんと、奥の田んぼの一部がイノシシに入られているのを発見!畳1枚分の田んぼがきれいに掘り起こされています。

すぐに、ヤスくんにSOSして、午後からイノシシ用のネットを張りました。Yさんにも手伝って頂いたので、本当に助かりました。
お陰で、夕方は畑で「助けて~!」と悲鳴を上げているラッカセイ、トマト、カボチャ、ネギ、ニンジン、ゴボウ、ショウガ等の野菜を間一髪で救命できました。

明日は、これも草の海と化している雑穀畑の草刈りをしたいのですが、雨が上がるかしら‥?

スポンサーサイト
色々とご心配いただきありがとうございました。
7月15日に退院してきた義父は、自宅に帰って好きな物を食べ、好きな相撲を観て、安心したのか、7月17日早朝、自宅のベッドで眠ったまま穏やかに逝きました。

通夜、告別式の後も、様々な手続きがあり、初七日も無事過ぎたので、昨日は一旦身延へ帰って来ました。
こちらも、私の留守中しもみさんの負担が大きくなり、大変だったようです。

田畑は草と作物が元気に共存していましたが、そろそろ草刈りをしないと、作物の方が負けそうな感じです。

今日はこれから大野の田んぼの草刈りに行ってきま~す!

皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、Caféの営業は9月から再開させて頂きます。
予約のお客様を優先させて頂きますので、よろしくお願いいたします。
ご予約は☎090-1842-7482までお願いします。
ワンプレートランチ¥1200~
1万粒コース料理¥3000~
梅雨が明けたら猛暑の横浜です。
緑や土が少ないので、暑さは夜も続くまさにヒートランドです。

昨日無事に退院した義父は、「家が一番いいな~。」と久々の我が家にリラックスした様子でした。

入院中は食事が禁止だったので、3週間ぶりということもあり、一応玄米クリームを用意しておきましたが、「冷麦が食べたい」との要望で、「美味しい」と言いながらぺろりと平らげました。
家族用に用意した夕食の天ぷらと蕎麦も食べ、家族はハラハラしていました。

今朝起きると、「昨日お蕎麦食べたから、元気が出たよ。」
ホッ‥。

午前中に訪問看護師のかたのお世話でシャワーも浴びて、昼食には念願のラーメンに挑戦しました。

夕方には往診医の診察も受けられ、これで、在宅の準備はOKです。

これから、平日は訪問看護とヘルパーさんに入ってもらえるので、その間に私は買い物や用足しに出かけることもできるようになりました。

往診医曰く「家族が普通の生活をしながら、プラスアルファで介護をするくらいにしないと、長続きできません。1時間ぐらい買い物に行って、一人で留守番させても大丈夫ですから。何があっても、慌てず、その時は私に電話をください。」

「そうか~。」と肩の力が抜けました。

今日も新しい出会いに感謝の、いい日でした!




「ゴカちゃんの田んぼクラブ」のご案内
7月18日10:00~12:00於身延自然農園“風”
今回はつぶつぶランチ無しで実施させていただきますので、ご了承ください。
お時間の許す方は、終了後ゴカちゃんと一緒にお弁当を食べましょう!
参加費:¥1500
チケットの方は¥1250返金いたします。
お申込みは携帯090-1842-7482までお願いいたします。
パパとママのいない身延で、さきちゃんの4歳のバースデーパーティーをお祝いしてから、もう2年が経つのでした。

昨日はさきちゃん宅に全員集合して一足早いお祝いをしました。

CIMG3596.jpg



義父の受け入れ準備が整い、15日には退院できることになりました。
1日2回の点滴交換とインシュリン注射も、上達して、明日は最後の練習になります。
今週は真夏の暑さなので、病人には厳しい環境ですが、病院よりは自宅のほうが気分が楽になると思います。
蒸し暑い一日でしたが、夕方病院から戻るとぐったりです。
このような時に効き目があるのが、梅干しと醤油と生姜、三年番茶で作る「梅醤番茶」です。
梅干しの種を取り除いて潰します。そこへ醤油小さじ2~3を入れて練ります。さらに生姜のしぼり汁を2滴入れてかき混ぜ、熱々の三年番茶を180cc注いで出来上がり。
飲んだら即効、元気になりました。

こういう日はなぜか高キビが食べたくなり、つぶつぶ仲間に「高キビボロネーズ」のレシピをを教えていただきました。(レシピ本がなかったので‥)
圧力鍋がなくても、炊飯器で簡単に作れるつぶつぶパスタソースは簡単なわりには、ハイグレードの美味しさなのです。

みきちゃんと二人で美味しく頂き、またまた元気になりました。
つぶつぶって本当に凄いパワーがあるのだと、改めて実感したのでした。

CIMG3595.jpg
高キビボロネーズの生パスタ・切干大根の梅酢マリネサラダ
食事等で必要な栄養を取ることができない場合に、栄養状態を維持・改善するために、在宅でも中心静脈栄養法ができる装置があるそうです。

義父は昨日、そのための簡単な手術をしました。
この装置は、通常落差を利用して行う点滴を、ポンプで強制的に行うものです。

点滴やポンプ本体をキャリーバッグに入れて、持ち歩くことができるので、移動が可能になり、社会復帰できる方もいらっしゃるとか。

点滴で怖いのが逆流ですが、これも安全装置がついているので、まず起こらないとのこと。

昨夜から早速装置の説明を聞いて、今日からは家族が練習を始めます。
私は針を刺すのが苦手なのですが、週1回のチューブ交換は訪問看護師の方にお願いするので、ホッとしました。

アクティブな患者さんの中には、リュック型のキャリーバッグを背負って、一人で毎日出歩く方もいらっしゃるとのこと、驚きでした。(義父もそのつもりらしい‥)

今週、練習をして、来週早々には退院できる見込みです。
義父は退院したら、すぐにでも、通常の生活にもどるつもりらしく、病院から携帯で友達に電話して、地域の行事の参加申し込みをしていました。

ご近所のかたが、心配されて教えてくださいましたが、その際「おじいちゃんいかがですか?」と訊かれると、「病院で元気にしております。」とそのままをお応えしています。

入院していてもいろいろあるのですが、家族は「おじいちゃんらしいね」と受け止めて見守っているところです。

横浜は晴れているのに雨が降るので、蒸し暑い一日でした。

来週には帰宅する義父のベッドを入れるために、大掃除になりました。

義父は、昨日から水を飲むようになり喜んでいます。

体を拭きながら、「足の筋力が落ちたから、帰ったら少し歩かないとな~」と元気はあります。


夕食に、あわそぼろのちらし寿司を作りました。
「え~、オレちらし寿司きらいだよ~。」

大盛りをぺろりと平らげ「旨かった」

そうなんですよね~、ちらし寿司が苦手な人でも、うるちあわをりんごジュースで甘く炊いたそぼろを、卵の代わりにのせたちらし寿司は、梅酢の具入り雑穀ごはんとマッチして、優しい美味しさなのです。

6月はコースのお客様3組にも作らせて頂きましたが、皆様にも好評でした。

身延から糠床も持参して、長期の滞在も準備万端です!!



CIMG3594.jpg
あわそぼろのちらし寿司・高野豆腐とタマネギのカポナータ
しじみの味噌汁・ぬか漬け




玄関前の花壇では、サルスベリが満開に。
CIMG3591.jpg


息子の育てているバジルがいたるところにありました。
ベランダはバジル工場とか‥
CIMG3592.jpg







昨日から、しもみさんと一緒に、残りの田植えしていましたが、本日終了しました。

やはり、田植えが終わるとホッとします。

夏草が元気になってきたので、畑の草刈り、トマトの支柱立て、大豆播種、小豆播種で、この二日間はとっても気持ちの良い汗をかきました。

Caféを休んでいる間にと、只今ヤスくんが、キッチンの天井を張ってくれています。夏に暑く、冬は寒いキッチンでしたが、断熱材を入れて、きっと快適なキッチンになると思います。

田畑でしっかり充電できたので、元気いっぱいになりました。

後はしもみさんにおまかせして、明日から横浜へ行ってきま~す!


7月の田んぼクラブは、つぶつぶランチなしでやることになりました。
お時間のある方は、ご一緒にお弁当を食べましょう!
尚、参加費は¥1500とさせていただきます。(チケットの方は¥1250返金させていただきます。)



突然で申し訳ございませんが、7月、8月はCaféをお休みさせて頂きます。

秋には美味しいランチをご用意して、皆様をお迎えできることを楽しみにお待ちしております。

なお、ご連絡は携帯のほうへお願いいたします。
090 
1842 7482


9月23日のつぶつぶ祭り
近日中に実行委員会開催予定です。お手伝いして下さる方、ご連絡お待ちしております!!
美味しくって、面白くって、楽しいお祭りをみんなで作っていきましょう!
当日は連休最終日になりますが、今から予定に入れておいて下さいね~!
横浜へ行ってから、少しでも義父が快適に過ごせるようにと、ホスピスを探しましたが、どこも2~3カ月待ちの状況でした。
がっかりしている暇もないので、色々な方々に相談して、情報を沢山頂きました。
結局、在宅ホスピスでいこうということになり、介護保険の申請や、ケアマネージャーとの契約、告知をめぐる家族会議、主治医との話し合い等々であっと言う間の1週間でした。

この週末は身延へ帰って来ました。
しばらく帰ってこれなくなるので、その準備をしてまた月曜日から横浜へ行きます。

この数年の間に、訪問看護や往診医等のスタッフや事業所が充実していることを知り、安心しました。
今日からお世話になるケアマネージャーさんもとても頼りになる素敵な方でした。
近所の往診専門のドクターも評判の良い方のようです。
そして、主治医はもうすでに、義父との信頼関係を築いており、私たち家族にも理解があります。
毎日、初めての出会いの連続でしたが、どの方も気持ち良く、すぐに動いて下さり、短期間に手続きの必要なことは済ませることができました。

これだけ多くの方々が、義父の在宅ホスピスを支援して下さるのは、家族にとっても心強く、本当に有り難いことです。

告知を冷静に受け止めた義父は、退院に必要な準備に気持ちを向けています。

ご心配いただいた皆様には心よりお礼を申し上げます。

私の留守中、ゴカちゃんや早川町チームの皆さんが大野の田植えの後、我が家の田植えにも来て下さり、お陰で今年もお米が作れることになりました。
ありがとうございました!!






突然で申し訳ございませんが、7月、8月はCaféをお休みさせて頂きます。

秋には美味しいランチをご用意して、皆様をお迎えできることを楽しみにお待ちしております。

なお、ご連絡は携帯のほうへお願いいたします。
090 1842 7482


9月23日のつぶつぶ祭り
近日中に実行委員会開催予定です。お手伝いして下さる方、ご連絡お待ちしております!!
美味しくって、面白くって、楽しいお祭りをみんなで作っていきましょう!
当日は連休最終日になりますが、今から予定に入れておいて下さいね~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。