身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日から8月だというのに、この涼しさ。。。

いつもより早めに蕎麦を播きました。
毎年蕎麦はばら蒔きですが、今年は試しに畝立てして播いてみました。

気温が上がらないので、オクラや茄子が今一つ元気ありません。
トマトもひび割れたりなどして、ほとんどが過熱料理用にまわっています。
反対に毎年難しかったズッキーニが今年はやけに大きく育っています。

ハーブもあんなに広がっていたミントがほとんど消えてしまったり、夏ミョウガがなかなか収穫になりません。

畑も田んぼもどんどん変化してきています。

畑仕事で汗を流すと、登山の時のような気持ちの良い感覚があります。
きっと、体が浄化されているからでしょうね。


さて、スイーツデーのチラシが出来上がりましたので、明日からお近くの皆様にはお届けしますね~!




 季美の郷 2011夏の謝恩企画
夢のつぶつぶミラクルスイーツデーご案内 
つぶつぶのスイーツはNOシュガー・NOバター・NOエッグ!
雑穀甘酒やドライフルーツ、リンゴジュースなどを使い自然海塩で甘味を引き出す魅惑のミラクルスイーツなのです。
いくら食べてもカロリーは気にせず、それどころか心も体もデトックス!
体の中からキレイになっていくことを実感します。
つぶつぶスイーツのレシピから厳選されたメニューを1品ずつゆっくり楽しんで頂きます。
是非この機会に、大切なご家族やお友だちとご一緒に、スイーツデーをお楽しみください。

日時:8月5日(金)・6日(土)13:00~(12:45開場)
会場:季美の郷 身延町帯金684 ☎FAX 0556-62-2801 
   email:minobusizennouen@y4.dion.ne.jp
    http://blog07potos.blog93.fc2.com/
内容:スイーツ5品・サンドウィッチ・サラダ・ドリンク2種
   つぶつぶスイーツを1品ずつ説明しながら召し上がって
   いただくスイーツのコース料理です。
料金:¥3000
  *キャンセルポリシー:前日当日は全額キャンセル料が発生いたします。
定員:10名



季美の郷 
夢のつぶつぶミラクルスイーツデー申し込み  FAX0556-62-2801

おなまえ      (                        )                   

ご希望日    8/5   8/6    (○をして下さい)

人数         (        名)

☎FAX番号





スポンサーサイト
お昼のコース料理
季美のコース

IMG_2719.jpg
前菜
夏野菜のイタリアンマリネ・モチアワプチフルール・高野豆腐とコンニャクのサテー・モチアワナメコソテー

IMG_2721.jpg
本日のスープ
ヒエとジャガイモのビシソワーズ


IMG_2722.jpg
生春巻きサラダ


IMG_2724.jpg
キヌアのペスカトーレ


IMG_2725.jpg
ムサカ(タカキビトマトソースの茄子グラタン)


IMG_2726.jpg
六穀ご飯&香の物


IMG_2727.jpg
デザート
モチアワカントリーケーキ・ティラミス・甘酒アイスクリーム
玄米コーヒー他



本日のワンプレートランチ
IMG_2720.jpg

IMG_2723.jpg
デザートはほろほろ餡入りココナッツツブプル&ペパーミントほうじ茶

本日は暑い中、遠くからお出かけ頂きありがとうございました。





夢のつぶつぶミラクルスイーツデー

つぶつぶスイーツのコース開催決定~~~!!
日時:8月5日(金) 8月6日(土)13:00~
内容:Noシュガー、Noミルク、Noバター、Noエッグのミラクルスイーツ5品+スナック+サラダ+2種類のドリンクを1品ずつ召し上がって頂くスイーツのコース料理です。
参加費:¥3000
定員10名

ご予約は☎;fax0556-62-2801

*昼食をとらずにお出かけくださいね~!
夢のつぶつぶミラクルスイーツデー

つぶつぶスイーツのコース開催決定~~~!!
日時:8月5日(金) 8月6日(土)13:00~
内容:Noシュガー、Noミルク、Noバター、Noエッグのミラクルスイーツ5品+スナック+サラダ+2種類のドリンク
参加費:¥3000
定員10名

ご予約は☎;fax0556-62-2801

*昼食をとらずにお出かけくださいね~!
今日で2回目の公開講座でした。
つぶつぶ生活を満喫していらっしゃる二組の会員さんが遠くからお出かけくださいました。

前回は初めてということもあり、夢中で終わりましたが、今回はよりスマートにより熱く、聴いて下さる方に分かりやすくお伝えするよう気をつけました。

IMG_2716.jpg


日本古来の伝統食には体の自然治癒力を高める叡智が詰まっています。
ヒエやアワなどの雑穀には信じられない程の浄化のパワーが宿っています。

放射能に負けない体を作ると
最高の健康
心からの安心
内から輝く美しさ
スピリチャルな目覚め
最高のおいしさ
ストレスに強いタフな体と心
楽ちん安心子育て
が全部まとめて手に入ります。

毎日おいしく食べてるだけで
心と体の悩みがスルスルと解消!
 
超欲張りで、即効性のある
食のニューウエーブ
つぶつぶ雑穀料理とは何かを
紹介します。

次回は8/29 8/31 9/2 9/5 9/7 9/9 9/12 9/13 9/15
時間 13:30〜15:00 参加費 \3000

その他のご希望の日程での開催、出張も承りますのでご連絡ください。

   *お子様連れOK! どなたでも参加できます。
   *ランチを召し上がってから講座に参加、または
   講座の後にスイーツ、ディナーを召し上がること
   もできます。詳しくはお問い合わせください。


     
今日は講座の後にミラクルスイーツセットのご注文を頂きました。

IMG_2717.jpg
お子様用ミラクルスイーツプレート



IMG_2718.jpg
大人用ミラクルスイーツプレート


午前中、かおるさんの病院へ。
車椅子での移動は初めてのことばかりですが、行く先々で、色々な方に助けて頂きます。
これもその立場にならないと分からなかったこと。
人の優しさに触れて心がゆるみました。

午後からはまっちゃんと下部へ。
長年自然農法を実践されていらっしゃるSさんにお会いしてきた。
Sさんの畑の土は食べられる。
ご自身の病気は全て病院から脱出成功して自力で治癒。
「薬は毒」
「病気は血液の汚れを浄化するために起こる」
「農薬・殺虫剤・食品添加物等により血液が汚れる」
「人類を救えるのは自然農法」
「自分なりに実験してきた 今も自分の身体で実験している」
などなど2時間の間しっかりとお話されるSさんのパワーに圧倒されました。。。
IMG_2712.jpg
Sさんの田畑

IMG_2713.jpg
朝3時に起きて家の用事を済ませ、5時からお弁当を持って一日中畑だそうです。
晴耕雨読。
いつかはそうありたい。。。

雨でも田畑の草刈りです。
暑い陽射しより、雨の方が気持ち良い。

地面が濡れたチャンスに、こぼれ種で生えてきたアマランサスを移植する。

少しの空き時間に作業はいくらでもある。

今日の目標。
つぶつぶ祭りのチラシ作り。

9月24日(土)つぶつぶ祭り@身延

つぶつぶ屋台村・アデムク亭・文療まみやゆうき
ライブNUU&夏秋文彦・五日市ファーム他
出店募集中~!

12月3日(土)サバイバルセミナーシーン1@身延
byつぶつぶクリエイターゆみこ

↓クリックしてね~♪
未来食つぶつぶセミナー

8月に夏休みが取れる方には、6・7日のサバイバルセミナー&天女入門セミナー@広島宮島がおススメです!
広島に原爆が投下されてから66年の今年8月6日に宮島に集うスペシャル企画です!
と~っても楽しい素敵な託児もありますので、是非上記サイトをチェックしてみてください。
ママはつぶつぶセミナー、パパとボクは海水浴&キャンプ。こんなワクワクする夏休み是非ご家族ご一緒に宮島へGO~!!


お知らせで~す!
未来食つぶつぶ公開講座@身延7月29日(金)13:30~開催決定!!
つぶつぶ雑穀料理で
 放射能に負けない体をつくると
  →最高の健康
  →心からの安心
  →内から輝く美しさ
  →スピリチャルな目覚め
  →最高のおいしさ
  →ストレスに強いタフな体と心
  →楽ちん安心子育て
 が全部まとめて手に入ります。

 毎日おいしく食べてるだけで
 心と体の悩みがスルスルと解消!
 
 超欲張りで、即効性のある
 食のニューウエーブ
 つぶつぶ雑穀料理とは何かを
 紹介します。

参加費用¥3000(お子様は無料)
お申し込みは☎0556-62-2801

講座の前にランチ、終了後にミラクルスイーツセット・ディナーのご予約も承ります♪
横浜は暑いらしいが、山梨は(身延は)涼しい。
夜は窓から入る風に、お客様が「さむい。。。」

気候がはっきりしない日は、メニューがギリギリまで決められない。
冷製スープにしようか、温かいスープにしようか。。。

お茶はホットかアイスか。。。

で、ギリギリに決まった今夜の木のコースです。

IMG_2701.jpg
前菜
夏野菜の味噌マリネ・高野豆腐とコンニャクの串焼き


IMG_2703.jpg
カボチャとヒエの冷製ポタージュ


IMG_2704.jpg
生春巻きサラダ


IMG_2705.jpg
キヌアのペスカトーレ


IMG_2706.jpg
ムサカ(タカキビトマトソースの茄子グラタン)


IMG_2707.jpg
ミレットペペロンチーノ


IMG_2708.jpg
香の物
糠漬け・ゴーヤのネギ味噌焼き


IMG_2709.jpg
デザート
モチアワカントリーケーキ・甘酒アイスクリーム
ペパーミントほうじ茶


お客様をお見送りに外へ出ると、満天の星。
無数の星がキラキラと光る。
いつまでも見上げていたい星空でした。
IMG_2697.jpg
私が出会った子どもたちby長倉洋海

IMG_2696.jpg
MJ


午後からMJのコンサートへ
長倉さんの生々しいお話と明るい未来が見えるメッセージに良い時間を頂きました




IMG_2699_20110724233145.jpg
まりちゃんのCOBOケーキ&マフィン スイーツ詰め合わせ
NOシュガー・NOミルク・NOバター・NOベーキングパウダー
国産小麦・雑穀・雑穀甘酒・自然海塩・有機茶葉・ドライフルーツ・ナッツetc.

*3日前よりご予約承ります。(¥2000~送料別)
台風のお陰で身延は道路の閉鎖や電車が止まり、陸の孤島でした。

それでも私は新宿へ無事行ってくることができ、つくづく守られているのだと感謝したのでした。。。

帰宅すると、息子の顔に絆創膏。
こちらも守らていたようでした。
ありがとう。

現実に起きることは全て必然。
何かしらの意味があるのですね。

台風一過。
今日もいい日でした!

ゴカちゃんの田んぼクラブ7月は、「田んぼの草刈りと観察&自家製小麦石臼挽きナン」

すっかり草の海となった田んぼの草を刈り、水路もきれいに。
水が気持ちよく流れ始めると、風が吹きました。
水の通り道は風の通り道でもあるのです。

畔豆やヒマワリも今年は順調に育っています。

水回りのよくないところには、溝を作って水が回るように調整しました。
IMG_2663.jpg


IMG_2666.jpg
石臼で小麦を挽きます


IMG_2667.jpg
みんなで好きな形のナンを作りました


IMG_2670.jpg
ナンでカレーパーティー
カレーは甘酒入り玄米粉カレーとハトムギとお豆いろいろカレー
サラダは海藻入り畑の野菜サラダ
味噌汁はかぼちゃと玉ねぎ・いんげん
ナン二種
ドクダミ茶&桃の2色ゼリー

汗をかいた後のみんなで食べるご飯の美味しいこと!
つい食べ過ぎて、みんなのけぞっていました(笑)

自家製の小麦を石臼で挽いて、すぐに水と塩だけでこねて焼いたナンはそれだけで粉の旨みが最高でした。
なんて幸せな食卓でしょう。。。
畑で採れた野菜と雑穀のおかず、なんと贅沢な。。。
そして、みんなの笑顔。
もう最高の田んぼクラブでした!

8月の田んぼクラブは、稲子の五日市ファームの見学を兼ねてゴカちゃん宅で行います。
ゴカちゃんは電機やガスを使わず、永続可能な素敵な暮らしを営んでおられます。
宿泊も可能ですので、是非この機会にご一緒にどうぞ!
日程の変更を含めて調整中ですので、興味のある方は早めにご連絡くださいね~。


身延でもやっと雨が降り始めました。
畑がからからに乾いていたので恵みの雨です。
台風さん、雨だけ降らしたらあとは適当に低気圧にでもなっておとなしくね♪
今週暑い中の田畑の作業が一区切りついたので、午前中に用を済ませて、午後から奈良田温泉へ出かけて来ました。
早川町は初めてのまりちゃんをご案内して、プチ夏休みです♪


IMG_2659.jpg
奈良田温泉

ぬるめの温泉も今日は熱く感じました。
お風呂上りに、偶然横浜時代の仕事関係の皆様にバッタリお会いしてビックリ!
今日は世の中は3連休なのでしたね。。。


IMG_2657.jpg
帰り道に立ち寄ったギャラリー「オゴン」
素敵な作品を楽しませていただきました。
早川町へ行かれたら、必見のギャラリーです!
木の生命力感じる大きな作品から、可愛いガラスのペンダントまで展示販売しています。

木々の緑と入道雲に夏休みらしい1日でした。
早川町はおススメスポットが沢山ありますので、身延へお出かけの時には是非足を延ばしてみてください。
喜んでご案内させて頂きます。


夜は長坂の野風草で開催された大地の再生講座の講師矢野さんのお話会に参加してきました。
3・11の震災津波災害の東北に個人で何回も環境改善に行かれていらっしゃる矢野さんのお話でした。

津波の被害の実態や、復興の状況、そして、これから私たちにできることなどなど、決してメディアでは触れない現地の状況をお聞きしました。
100年周期で津波被害に遭ってきた東北では、どうして沿岸部に民家が集中したのでしょうか?
元は津波の被害を逃れて高台に居をかまえていたはずです。
便利さを求めた暮らしの結果かもしれません。
復興は早く元の暮らしに戻ることを前提としています。
今回の事から学ぶなら、決して元の暮らしに戻ってはいけないと、自然は教えてくれたのでしょうね。
色々な事を感じたお話会でした。
夏の田畑は、草と仲良し。
自然農の草刈りは、一畝おきに草を刈っていく。
刈って刈らず刈って刈らず。。。。
一度に草を刈ると、虫たちがパニックになる。
多様な生き物の世界。
なるべく生き物たちがそこで生きていかれるように、急激な環境の変化は避ける。

草も虫も、すべての生き物はそこに必要な存在だから。
草を刈りながら、「ありがとう」
稲が強くなるまで、ちょっとの間静かに待っててね。
根は残して草を刈っていく。

田んぼの草刈りは水の中、ヒンヤリ気持ちがいい。
それでも朝の太陽が昇ってくると暑い。
汗が流れて首の手拭いがぐっしょりになるころには、「田んぼhigh」
体がすっきりして、心地よくなる。

夏の朝の贅沢な時間♪



今日のスイーツはとびきり贅沢な「ピーチタルト&自家製ハーブティー」
IMG_2655.jpg
桃のキルシュがジューシー


こんなにおいしいケーキ、NOシュガー・NOバター・NOミルク・NOエッグ!
こんなにおいしいつぶつぶミラクルスイーツ、たくさんの方に召しあがっていただきたい。
近いうちにミラクルスイーツデーの企画を和みのヨーガとコラボしてご案内させていただきますのでお楽しみに!





放射能に負けない体をつくろう!「未来食つぶつぶ公開講座」
本当の事を知り、日本の歴史から学び、今すぐに、私からできることを始めよう!!

7/27,8/29,9/13 13:30~ 会場:身延自然農園“風”
参加費¥3000
*ランチやスイーツセット等を召し上がる方は別途ご予約ください。

*他の日程でも開催させて頂きますので、まずはお電話にてご相談下さい。
 出張も承ります。☎0556-62-2801


この春から研修生として、毎日甲府から通っているまりちゃんが、ランチタイムデビューしました。


未来食つぶつぶランチプレート&スイーツ
IMG_2653.jpg
タカキビタコライス・モチキビポテトコロッケ・蒸し人参フライ・ラタトゥユ・漬物・海藻入り味噌スープ


IMG_2654.jpg
ミラクルスイーツプレート
トライフルアワ粉のミレットクリーム添え・黒ゴマ甘酒アイスクリーム・デーツ餡の栗蒸し羊羹
お陰さまで上記の講座を、身延で初めて開かせて頂きました。

準備のためにこの数週間は寝不足が続いて、今朝も最後の仕上げがあり、4時起きでギリギリセーフ!

本番は、不思議なことに、前もって用意していた原稿ではなく、自分の中から湧きあがってくる言葉でお伝えしていました。
そして、参加者の皆様にお伝えしながら、自分の中で腑に落ちることが何度も起きました。

今回、皆様にどれだけの事がお伝えできたか気にかかるところですが、もしかしたら、私が一番学ばせて頂いたのかもしれません。
暑い中、お仕事を休んだり、遠くからお出かけいただき本当にありがとうございました。
皆様からのご感想を頂いて、とっても勇気を頂きました。
お一人でも多くの皆様に、お伝えしたい!と決意も新たに明日からまた頑張ります!!

IMG_2652.jpg


放射能に負けない体をつくろう!「未来食つぶつぶ公開講座」
本当の事を知り、日本の歴史から学び、今すぐに、私からできることを始めよう!!

7/27,8/29,9/13 13:30~ 会場:身延自然農園“風”
参加費¥3000
*ランチやスイーツセット等を召し上がる方は別途ご予約ください。

*他の日程でも開催させて頂きますので、まずはお電話にてご相談下さい。
 出張も承ります。☎0556-62-2801




IMG_2650.jpg
本日の未来食ランチ
タカキビタコライス・ラタトゥユ・漬物・味噌汁
デザートはトライフル&ペパーミントほうじ茶
IMG_2648.jpg
つぶつぶ仲間のふたばさんをご案内して、早川町へ。

木工房「淳司」さんの工房で、色々な作品の写真を見せて頂きながらイメージを固めて、お近くのモデルハウスの見学へ行ってきました。


IMG_2649.jpg
素敵な玄関


IMG_2647.jpg
風通しの良い板戸


IMG_2646.jpg
化石の見えるストーブ周り


地元の木材と土の家。
風の通り道がちゃんと見えました。


IMG_2645.jpg
おやつタイムはまりちゃんの「木の実とドライフルーツいっぱいの全粒粉ブレッド」
このパンは夏季でもお作りできますので、他のCOBOケーキ・マフィン等とご一緒に是非ご注文くださいませ♪

☆7/14(木) 11:00~
放射能に負けない体をつくろう!「未来食つぶつぶ公開講座」
スペシャルランチ付
7/27 8/29 9/13 13:30~
*他日程での開催は3名様以上にて承りますのでご相談下さい。


☆毎月第3火曜日甲府西公民館にて料理教室開催中!お問い合わせください。
7月19日午前クラスつぶつぶカレー特集
   午後クラス甘酒スイーツ特集


☆つぶつぶ祭り@身延9/24(土)10:00~
  NUU&夏秋文彦ライブ
  文療まみやゆうき
  アデムク亭
  他出店募集中~!
  (☎0556-62-2801)

☆つぶつぶ未来食サバイバルセミナー シーン1 byゆみこ
  12月3日(土)決定~!
本格的な暑さがやってきました。
とはいっても、キッチンはまだ32度です。

真夏は34度まで上がる日もあるので、まだまだ余裕です。

それでも外は猛暑。
この暑い中を、遠くからランチにお出かけ下さり、本当に有り難く感謝です。

外が暑いので、室内に入られると、皆様揃って、「涼し~い!」
自然の風が気持ち良いと喜んで頂けます。

木の家は調湿作用もあり、屋根は茅葺なので断熱効果抜群です。
そして、この場所は、川に添って山からの気持ちの良い風が吹くので、常に爽やかな空間を保っています。

今日のお客様も「気持ちい~い!」と畳にゴロリ。
お座敷でランチを召し上がるほとんどのお客様が、食後に横になられます。
我が家でも一番涼しいお昼寝スポットでもあります。

夏のランチタイムにお昼寝付きで是非お出かけくださいませ。


IMG_2642.jpg
タカキビハンバーグプレート
タカキビハンバーグキノコトマトソース煮込み・トマトとバジルのヒジキマリネサラダ・赤だし風味噌汁・ぬか漬け&山椒昆布・ツルムラサキのエゴマ和え・六穀ご飯


IMG_2644.jpg
今週のランチプレート
モチキビポテトコロッケ・蒸し人参フライ・糸寒天とオニオンスライスのヒジキマリネサラダ・ぬか漬け&山椒昆布・赤だし風味噌汁・ツルムラサキのエゴマ和え・キビたまキツネ丼


IMG_2643.jpg
デザート
トライフルあわ粉のミレットクリーム添え&ペパーミントほうじ茶
知らないうちに梅雨明けしていました。

山からの水は絶え間なく流れているので、田んぼの水に困ることはありませんが、畑にはあめが降ってほしいなぁ。稲も下からの水と上からの水両方が理想的らしいのですが。

今日はスイーツクラス。
ヒンヤリ冷たいイギリスのお菓子「トライフル」
これにアワ粉のミレットクリームをトロ~リたっぷりかけて頂くのがつぶつぶ流スイーツです♪
IMG_2641.jpg



タカキビの定植はあと少し残っています。
朝夕の比較的涼しい時間に作業をしますが、流れる汗は蛇口を開けた水道のよう。。。
体が浄化されているような何とも言えない心地よさです。
今日は地域の清掃もあり、シャワーは3回でした。

明日はハンバーグランチのお客様をお迎えします。
ハンバーグランチは相変わらずの人気メニューですが、そろそろカレープレートもおいしい季節になりましたので、ご予約の際にはメニューについてもご相談くださいね~!
パスタセットもありますよ~!



~お知らせ~
7月14日(木)11:00~
放射能にも負けない心と体「未来食入門講座」
今月から始める「未来食入門講座」のために、ノートパソコンを新しく用意しました。
ネット環境を整えるためにeモバイルにも接続しました。
これまでは見れなかった動画などは一応みられるようになりました。

パソコンはこれで3台目、初めて自分でセットアップしました。
やればできるのね。。。

講座ではプロジェクターも使うのですが、こちらは説明書が英語。。。
付属のCDで説明書は確認できましたが、アナログな私は電子説明書は苦手です。

まりちゃんに手伝ってもらい、プロジェクターとパソコンをつなげることができてホッ。
スクリーンも設置場所が決まり、これで講座の準備はOKです!


7月14日(木)11:00~
未来食入門講座~食と意識の転換で放射能にも負けない体と心を手に入れよう!


つぶつぶ未来食スペシャルランチ付
*詳細はお問い合わせください。☎090-1842-7482

7月の甲府西公民館でのつぶつぶ山梨クッキングクラブは19日(火)です。
午前クラスはつぶつぶカレー特集、午後クラスは甘酒スイーツ特集と夏ならではのつぶつぶメニューです!
今回の講師はアトリエナナのナナさんが担当します。
アトリエナナでは料理教室のほかにもランチの会など、美味しくって楽しい企画がたくさんありますので、是非HPをご覧になってくださいね~!




つぶつぶ山梨クッキングクラブ 場所 甲府市西公民館

19日(火)10:00 初級クラスです

内容 二種類のカレー*アワカレーと玄米粉カレー

    自家製豆乳ヨーグルト ライタ(ヨーグルトのエスニックなサラダ)

    他


 19日(火) 14:00 

初級クラス受講者とつぶつぶ未来食受講経験のある方が対象です


内容 雑穀甘酒の仕込み方

    甘酒を使ったスイーツとして 

    アイスクリーム ヒエプディング 甘酒ビスケット

いずれも 問合せ 090-6016-1889長谷川


         ご参加お待ちしています 

申込み・問い e-メール yaekonana★yahoo.co.jp ←★を@に替えて


          携帯 090-3630-2662
午前中には味噌の仕込みを終えようと、まりちゃんと二人で作業していたら、そこへ田んぼクラブのSさんがゴカちゃんたちと作業に来られたので、手伝って頂きました。
3人でやると速い速い!
IMG_2636.jpg
麹と塩と大豆を混ぜて


IMG_2639.jpg
味噌玉を作って


IMG_2638.jpg
樽に投げ入れて


IMG_2640.jpg
塩蓋をして、重しをのせて出来上がり!



今回は夏に味噌を仕込みましたが、麹作りに関しては冬より楽に作ることができました。
大豆を茹でたり蒸すのは涼しい日なら良いのですが、暑い日は大変そうですね。
味噌の出来上がりはまた数カ月後に報告させて頂きます。


IMG_2635.jpg
雨の七夕

IMG_2631.jpg
本日は味噌仕込みデー♪
昨夜から水に浸けておいた10Kの大豆は、物凄い量になっていました。
今年は例年の倍量の50~60キロの麦味噌を作りました。


IMG_2633.jpg
味噌の仕込みの合間に、デーツ餡でおはぎや栗むし羊羹も作ったり

IMG_2634.jpg
まりちゃんは「coboケーキスイーツセット」のご注文を頂いたので、味噌の合間にケーキも焼いたりとてんてこ舞いでした。
夏場はパン類はお休みさせて頂きますが、おやつパンや酵母ケーキはご注文で焼かせて頂きますので、ご贈答品にもご利用くださいませ。
ご予算に応じてラッピングや宅配(冷蔵)も承っておりますので、よろしくお願いいたします。
今日は4カ月ぶりにかおるさんが退院する日でした。

朝から準備でドタバタしながら、しもみさんとお迎えに。

最後のリハビリを終えて床屋さんも済ませて、嬉しそうに待っていました。
お世話になったリハの先生方や看護師さん、患者さんにご挨拶をして、病棟の皆様に見送って頂きました。(涙)

2週間前の一時帰宅の時は薬の副作用で、調子がおもわしくなかったのですが、その後薬を減らしたので今日はとっても上手に移動ができていました。

帰宅すると、ゴカちゃんや田んぼ関係の皆様が「おめでとうございます!!」と出迎えてくださいました。
かおるさんも皆さんにお手伝いして頂きながら、無事に家の中に落ち着くとホッとした様子でした。

手すりや歩行器、車いす等も使い勝手が良い様子なので一安心。

夕食の時にささやかな退院のお祝いをしましたが、食欲があり、何でも食べられるので本当に良かったです。
本人もリハビリを続けていくことに意欲的なので、きっと散歩に行ける日も近いことでしょう。


さて、今日は田んぼでは最後の田植えと草刈りでした。
ゴカちゃんのところに滞在していらっしゃる埼玉のご家族の皆様や、まっちゃん、早川チーム、まりちゃんも参加しての作業は大勢なので、作業もはかどり暑いけれど楽しかったようです。

田んぼは気持ち良く爽やかな風が吹いていました。

IMG_2629.jpg
水も順調にたまっています

IMG_2628.jpg
田んぼクラブ個人区画も草刈りがボチボチ進んでいます

IMG_2627.jpg
水路際にもヒマワリが

IMG_2618.jpg
ゴカちゃんのゲストさんは半農半X志望のプロのミュージシャン
お別れ間際に素敵な音色で演奏して下さいました♪

今日はとってもいい日でした♪
畑で雑穀の定植や野菜の苗を定植。
汗が流れ出したら止まらなくなりました。
今の時期、汗をかけるのはとても気持ち良く体が軽くなります。
午後からはパソコンの環境改善対策。
こちらも暑い2階で、汗を流しながらパソコンと格闘していました。
どうやら、eモバイルが使えそう。。。



IMG_2616.jpg
お花畑でまりちゃんがが大豆の残りを播きました


IMG_2610.jpg
人参の花


IMG_2612.jpg
ゴボウの花


IMG_2615.jpg
畑仕事と並行してもみ殻燻炭も作りました
今日は風が出てきたのでとっても早く良い燻炭が出来上がりました♪


さて、麦麹二日目は、家中に甘~い麹の香りが。。。
IMG_2606.jpg
温度が上昇したので1番手入れ、夜には2番手入れもしました
明日麹が出来上がる予定です
今週は田畑の作業&味噌仕込み週間にします。
で、早朝から久々に刈払機で草刈りをしました。

そして、例年なら2~3月に仕込んでいた麦味噌ですが、今年は色々あり、まだ仕込んでいませんでした。
味噌は寒仕込みとも言いますが、実は1年中いつでも仕込めるのです。
雑菌さえ気を付ければ、冬より気温の高い夏の方が、麹を醗酵させるための保温の必要もなく、意外と簡単に出来そうです。
毎年冬に仕込んでいた時は、保温のために簡易コタツを設置して、湯たんぽや毛布布団等大がかりでした。
今回は試しに漬けもの樽で麦麹を発酵させています。

今日は朝から、大麦を洗って水に浸けて、3回に分けて蒸しました。
気温が高いと蒸し上がった麦がなかなか冷めません。
適温に冷めたところへ、麹菌(もやし)を混ぜます。

夜には室温27度の中、品温は発酵熱で37度まで上昇。
空気を入れて温度を調節しました。

明日の朝までお行儀よく醗酵がすすんでくれることを信じて寝ることにします。
麹の出来上がりは3日後の予定です。


午後からは、かおるさんの病院で退院前の担当者会議に参加してきました。
明後日には無事に退院となり、多くの皆様のお力をお借りして在宅でのリハビリに切り替えていきます。

夕方帰ってきたのが遅かったのですが、超高速で粒ソバ餃子を作って夕食にしました。
そして食後のスイーツは
IMG_2605.jpg
さくらんぼのケーキ!
まりちゃんが仕込んで冷やしておいてくれました♪

忙しい時は、つい食事が簡単になりますが、つぶつぶ未来食のメニューは雑穀さえ炊いてあれば、あり合わせの野菜ですぐに美味しいおかずができてしまいます。
家族と一緒に食べる美味しいご飯が元気の源ですね!

7月の料理教室はタカキビハンバーグのリクエストにお応えして、メニューを変更して行いました。

IMG_2602.jpg
ジューシーなトマトソースで煮込んで、ヒエベシャメルソースをのせてグラタン仕立て
スペシャルなタカキビハンバーグです♪


試食タイムには
IMG_2603.jpg
赤だし風味噌汁と六穀ご飯、紅ショウガ入マッシュポテト、ぬか漬け


そして、デザートは
IMG_2604.jpg
アイスケーキ&ペパーミントほうじ茶


このタカキビハンバーグの料理教室は只今平日でも日程調整中です。
お希望の方は、ご連絡くださいね。
また、Caféのランチでも召し上がって頂けますので、是非ご予約くださいませ♪



本日の料理教室に参加された皆様がお持ち帰りになられたタカキビハンバーグ、ご家族の反応が楽しみです!!
次回は9月4・5日「アマランサスの和風パスタ&海鮮丼風」
10月16・17日は内容を変更して「モチキビオムレツ」になります。
ハンバーグや過去のメニューもご要望により別日程で計画できますので、興味のある方はまずお電話にてお問い合わせください。


この週末は、宮川の父の3回忌の法要のために横浜へ行っていました。

身延へ戻ってくると、いくつものメールが届いていました。

自然農のMLからは、福島の自然農の仲間の皆様の現状が届いていました。
福島では自家農園の野菜や山菜は食べられないのに、スーパーでは近辺の野菜しか流通していない状況で、放射能の心配のある野菜を仕方なく最小限食べているので、慢性的な野菜不足だそうです。
県外からの安心な野菜やお米、山菜野草の支援はとっても有り難いとも。
今年は田んぼも畑も作付けをせず、卵の鳥は仕方なく処分されたそうです。
長年かかって守ってきた自然農の田畑が放射能に汚染されて、この先真っ暗という現実に、想像するだけで胸がつぶれる想いです。
今からでも野菜やお米の作付けを増やして、福島へ届けたい。。。



そして、日本一危険な玄海原発の情報も別の方から送られてきました。

★1.玄海原発はもっとも危険な原発・爆発の心配
> 老朽化している。原子炉が割れる危険が大きい。
> 井野博満東大名誉教授が警告
>
>・もっとも危険な原発-それは疑いなく、この玄海原発だ。もし事故が起きれば、
>その被害は福島第一の比ではない。予想される「大爆発」は、人々の命も日本の
>未来も、根こそぎ飛ばしてしまう。
>・原子炉は老朽化するにつれ、圧力容器が脆化=劣化していきます。すると、あ
>る条件に陥った場合に、容器がバリン、と割れてしまう危険性があるのです。
> 井野氏は、日本で最も古い原子炉の一つ、玄海原発1号機の危険性を強く警告
>し続けている研究者だ。
>・1975年に稼働した玄海原発1号機は、いまや日本一危険な原子炉であるといっ
>ても差し支えありません。なぜなら、地震や故障など、何らかの原因で通常の冷
>却機能が停止し、緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動して原子炉圧力容器が急冷
>されると、その際に容器そのものが破壊されてしまう危険性があるからです。
>・では、その脆化=劣化とはどういうものなのでしょうか。簡単に言えば、中性
>子線によって金属の柔軟性・弾力性が失われて“硬く”なり、壊れやすくなる、
>ということです。
> 人体にたとえれば、動脈硬化によって血管が破れやすくなるのをイメージして
>下さい。金属の場合、劣化が進むと、「ある温度」(脆性遷移温度と言います)よ
>り低くなると、まるで陶磁器が割れるように、小さな力であっさりと割れてしま
>うようになります。この現象が、玄海原発1号機のような老朽化原子炉ではすす
>んでいるのです。
>・もしも玄海原発1号機が爆発を起こした場合、周辺にどれほどの被害を及ぼす
>のか。元京都大学原子炉実験所講師の小林圭二氏は、こう語る。
>「原子炉の脆性破壊は、いまだかつて世界が経験したことがない、巨大な事故に
>なります。福島第一の事故は深刻ですが、それでも放射性物質の9割は圧力容器
>内に残っていると思われます。しかし、脆性破壊で爆発が起きれば、圧力容器は
>空になり、ほぼすべての放射性物質が放出されてしまいます。被害は玄海原発が
>ある九州だけでなく、東は大阪にまで及ぶでしょう。大阪は現在の福島県の一部
>のように、避難区域になって住めなくなります。しかも、事故の進展が早いので、
>退避することも難しい。さらに、被害は中国など近隣のアジア諸国はもちろん、
>欧米にまで及ぶことになるでしょう」
>・呆れたことに、原子力安全・保安院は、玄海原発1号機の異様に高い脆性遷移
>温度のことを、昨年12月に私たち「原発老朽化問題研究会」が指摘するまで、把
>握していませんでした。
>九州電力はこの情報を保安院に伝えておらず、保安院も電力会社に問い合わせる
>義務がないので知らなかったと言うのです。福島第一原発の事故で、原子力の管
>理・監視体制が全く機能しなかったことが問題になっていますが、ここでも同じ
>ことが起きている。安全性が顧みられないうちに、日本の原発の老朽化はどんど
>ん進んでいます。脆性遷移温度が危険域にあるのは玄海1号機だけではありませ
>ん。美浜1号機は81度、同2号機が78度、大飯2号機が70度、高浜1号機が54度
>と、ワースト2位から5位まで、福井県にある関西電力が占めています。
>・老朽化原発は一刻も早く、廃炉にする必要があります。玄海1号機のように、
>本来40年の使用を想定していたのを強引に60年に延長して使おうなどというのは、
>もってのほかです。(7/2週刊現代から抜粋)
>・九州電力と経産省へFAXを送ろう=「玄海原発動かすな」
>佐賀県へ抗議! 秘書課 FAX:0952-25-7288 TEL:0952-25-7007
>   原子力安全対策課 FAX:0952-25-7269 TEL:0952-25-7081
>経済産業省へ抗議! 原子力発電立地対策広報室
>        FAX:03-3580-8493 TEL:03-3501-1511
>
>
>★2.株価より、放射能汚染防止だ―毎日新聞山田孝男記者
>
>・東電の株主総会が6月28日(火)注目の中、開かれる。(たんぽぽ舎も出席)
> 今、東電の株価に注目が集まっているが、最も大事なことは「放射能汚染の防
>止だ」と毎日新聞、山田孝男記者が指摘している。その要旨を紹介します。
>・福島原発震災は収束どころか、拡大の兆しが見える。この大事と無関係に政局
>を展望することはできない。
> 京大原子炉実験所の小出裕章助教(61)といえば、いま最も注目されている反
>原発の論客の一人だ。原発が専門だが、名利を求めず、原発に警鐘を鳴らし続け
>てきた不屈の研究者として脚光を浴びている。
>・その小出が16日、テレビ朝日の番組に登場し、こう発言して反響がひろがった。
> 「東京電力の発表を見る限り、福島原発の原子炉は、ドロドロに溶けた核燃料
>が、圧力鍋のような容器の底を破ってコンクリートの土台にめり込み、地下へ沈
>みつつある。一刻も早く周辺の土中深く壁をめぐらせて地下ダムを築き、放射性
>物質に汚染された地下水の海洋流出を食い止めねばならない」
>・さっそく政府高官に聞いてみると、いかにも地下ダムの建設を準備中だという。
> ところが、さらに取材をすると、東電の反対で計画が宙に浮いている実態がわ
>かった。原発担当の馬渕澄夫首相補佐官は小出助教と同じ危機感を抱き、地下ダ
>ム建設の発表を求めたが、東電が抵抗している。
> 理由は資金だ。ダム建設に1000億円かかる。国が支払う保証はない。公表して
>東電の債務増と受け取られれば株価がまた下がり、株式総会を乗り切れぬという
>のである。
> 記者発表は14日のはずだったのが、東電の株主総会(28日)の後へ先送りされ
>た。
>・福島原発の崩壊は続き、放射性物質による周辺の環境汚染が不気味に広がって
>いる。株価の維持と汚染防止のどちらが大切か。その判断がつかない日本政財界
>の現状である。
> いま最も大事な課題は放射能汚染阻止だ。空論に惑わされず、核心へ集中する
>リーダーシップが求められている。(6/20毎日新聞より抜粋)
>
>★3.中部電力のオール電化は400万KW-小諸市のメルマガ読者から
>   我々に節電を要請するのならば、オール電化の営業を金輪際やめよ
>
>小諸市の岡本一道(陶工)と申します。
>先日、「ホントに環境にやさしい電気とは?」50部送って頂きました。
>ありがとうございます。
>現在、地元中学校の総合学習講座の校外講師として
>「エコ生活講座」を担当しています。
>このパンフを使って、学校では教えない「原発のホント」の授業を行いたいと思
>います。
>
>去る4月26日25年来の反原発仲間と中部電力長野営業所に浜岡停止の要請に
>行ってきました。その際の質問に後日回答をもらいました。
>質問 「この十年間にオール電化由来で増やした電力量は?」
>回答 「400万KW」
>予想を上回る回答でした。そこで6月13日中部電力名古屋本社に浜岡永久停止の
>要請に行った際同じ質問をぶつけました。
>回答 「正確な数字は即答できないが、この十年間のオール電化契約戸数は60万
>戸、一般家庭の平均アンペア契約は30A(3KW)
>  オール電化の契約アンペアは90~100A(9KW~10KW)
>  両者の差、つまり6KW×60万戸=360万KW、7KW×60万戸=420万KW
> 以上の計算から長野営業所の400万KWの回答が出たものと思う。
>つまり自ら増やしたオール電化の無駄な消費で浜岡の原発分はパー、いやそれを
>上回る消費量だと言うことです。
>そこで常日頃供給義務を口にする中部電力が我々消費者に節電を要請するのであ
>れば、金輪際オール電化の営業を止めるようにと申し入れました。
>脱原発を願って自然エネルギー(太陽光発電)の普及に努力してきましたが太陽
>光発電契約者の8割がオール電化と聞くに付け、太陽光発電がおもちゃにされた
>ことを悔しく思います。
>日本は少子化で電化製品の効率がよくなる中、電力消費は減ってゆくのが自然の
>シナリオ。ここからは自然のシナリオに立ち返り、自然エネルギーの普及を進め
>るのが筋道です。
>オール電化NO!の声を大きくしてゆきましょう。
>




ここまで読んで、私の胃はカチカチに硬くなってしまいました。

中部大学の武田教授はブログで、



「節電」は本当に必要なの?(2) 本当は津波ではなかった!







先回、電気代がなぜ高いかを設備稼働率ということで整理をしてみた。



原発事故が起こった後の3月14日、東電の設備は6300万キロワットもあるのに、東電管内の国民が使った電気は、わずか2800万キロワットだった。



それでも東電は「計画停電」をすると言い張っていた。



その理由は「原発が事故を起こしたから」ということで、多くの国民は「仕方が無い」と思った。



・・・



3月14日の状態



電気設備    6300万キロワット



やられた原発   200万キロワット(運転中のもの(203))



差し引き    6100万キロワット(作る事ができた電気)



消費量     2800万キロワット



・・・



えっ!と驚く数字だ。



福島第一原発の発電量は全部で470万キロワットだが、事故当時、4号機から6号機までは定期点検中で、もともと動いていなかったから、3月14日に東電が「実質的に事故でやられた原発の発電量」はわずか200万キロワットだったのだ!



残りは6000万キロワット。それに対して東電管内の国民が使った電気は2800万キロワットだから、ジャブジャブ余っている。



これほど余っているのに「計画停電」をした。国民は大変な迷惑を被ったが、政府(経産省)も、マスコミもこのトリックはほとんど言わなかった。



・・・



どこにトリックがあったのだろうか? 実は「福島原発が想定外の津波で壊れたから停電」ではなく、

1) 東電は原発だけではなく、火力発電の耐震性もサボっていた、



2) 設備をいつも休ませていた。



の2つが主な原因だった.



繰り返して言いたいのだが、3月の計画停電は、



「地震で福島第一が事故を起こしたから電気が足りなくなった」



のではなく、



「地震や危機に対する東電のあまい体質がもたらしたもの」



だった。



実際に東電はどんな状態に陥ったのだろうか?(単位は万キロワット)



総発電能力               6266



福島第一で動いていてダメになった量    203



福島第一で休んでいた量           78



津波でやられなかった福島第一       188



津波でやられなかった福島第二       440



地震でやられた火力発電所の量       680



(止まった総量)            1588



(津波に関係なく泊まった量)      1308



地震後の総発電量            4678
3月14日の消費量           2800



・・・



これでもまだとんでもなく余っていた(約2倍)。



「計画停電」を大々的に発表したが、現実には実施しなかった。それは、詳しく調べると現実には電気はあったということになるからだ。



でも、こうして内容を見ると、ずいぶん印象と違う.



東電は「津波でやられた。想定外だった」と言っているが、実は津波で破壊したのは、6266キロワットのわずか3%、203キロワットに過ぎない.



今回の震災はマグニチュード9という大地震だったが、福島原発は震度6である。震度6で原発も火力発電もやられて、電気が来なくなるということになると、東電は「何やっているのだ。地震の備えが出来ていないじゃないか!」と言われるので、福島第一の1から4号機が津波に襲われたことを全面に出して釈明した。



もちろん、地震でも津波でも備えなければならないのだが、実はこの説明もウソなのだ。本当のところは、大震災で停止した発電量1588キロワットの内、実に82%の1308キロワットが「地震」だけで壊れたのだった。



それも震度6以下である。つまり、



1) 現実には3月14日の計画停電は必要がなかった(設備能力は2倍あった)、



2) 普段から稼働率が低い運転をしていたので、そのツケがまわった、



3) 計画停電の理由として東電が言った「津波」の影響はわずか3%だから、これはウソで、「普通の規模の地震」で、多くの原発、火力発電が壊れたからだった、



というわけだ。



でも、自分たちのミスは「大人しい国民」と「自分たちをかばってくれる政府とマスコミ」に押しつけるという、いわば小児病の会社、それが東電のようだ。



・・・・・・



今、滑稽なことが全国で始まっている.



これから来る夏、電気が足りないから「節電」をしなければならないと言われている.それも東京ばかりではなく、名古屋でも大阪でも、また全国のほとんどのところで冷房温度を上げたりして、「省エネ」に努めている。



いったい、どうしたことだろうか? 本当に電気は足りないのだろうか?



東電の福島原発と中部電力の浜岡原発は止めたけれど、それだけでなんで日本中で「節電」が必要なのだろうか?



また私たちは騙されて、暑い夏を過ごそうとしている。もう、日本の誠意はどこに行ったのだろうか?



(平成23年6月29日 午後1時 執筆)






武田邦彦






長くなって申し訳ありませんでしたが、本当の事を知ることから、私たちは変わっていく事が出来るはずだと思い転載させていただきました。

尚、野菜やお米、味噌、漬物などご家庭では食べきれないものがありましたら、福島の自然農の仲間の皆様に送らせて頂きますので、ご一報ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。