身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蕎麦打ちクラブ第1回目は、初級の二八蕎麦を教えて頂きました。
鞍打さんの教え方がとても分かりやすく、以前蕎麦打ちを数回習ったことがありましたが、その時チンプンカンプンだった事が、今回初めて理解できました。
初級から中級まで、五回目には自分の身近なつなぎと粉で家庭の蕎麦(手前蕎麦)を打てるようにしましょうと、講師の鞍打さんからお話がありました。

蕎麦打ちをこんなに楽しいと思えたのは初めてでした。
これなら、私でも五回続けられます!

参加者の方が打った蕎麦は持ち帰り、先生の打ったお蕎麦をその場で茹でて食べました。
もう最高の美味しさでした!
まずはそのまま水蕎麦で頂き、次に海の精をかけて頂き、次に先生の手作りのつゆを付けて頂き、最後に茹でたてのナメコをのせて頂きました。
仕上げの蕎麦湯もほ~っとする美味しさで、もう皆満腹、幸せ~。。。

2~5月まで後4回ありますが、後お一人くらいならまだお席が用意できますので、ご一緒に蕎麦打ちをしませんか?楽しくって美味しいですよ~!

IMG_1850.jpg
一人500グラムの蕎麦を打ちます

IMG_1851.jpg
試食タイム
これは一皿目、この後数回お替りしました。


蕎麦アレルギーのひとみちゃんは、教室が始まる前にしもみさんと出かけて行きました。
IMG_1849.jpg
精一杯笑顔のかおるさんなのです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。