身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いとこのさっちゃんが3月11日に第2子を出産した直後にあの地震は起きた。

帝王切開の直後の大きな不安は、母体を苦しめたようだ。

1ヶ月が経ち、少し元気になったという知らせを頂いたので、赤ちゃんに逢いに行ってきた。



小さな命を抱きながら、これからの子どもたちのためにも、地球を傷つける原発に頼らない自然に還るエネルギーへの転換を真剣に取り組んでいこうと思いました。

つぶつぶのゆみこさんとシンガーソングライターのよしえさんが「原発のない日本へ!Consciousness311」を立ち上げました。
多くの皆さんに宣言&呼びかけ人になっていただき、日本から原発をなくし自然エネルギーへの転換を実現して、日本から世界中に脱原発を発信していきましょう!

知ろう!目覚めよう!動きだそう!原発のない日本へ!Consciousness311
http://consciousness311.blogspot.com/




知ろう!目覚めよう!動きだそう!
原発のない日本へ!Consciousness311

私たちが、今、一番にやるべきことは、

☆次の事故が起きないうち日本の原発をすべて止めること
☆自分の意識の目覚め

自分自身の価値観や暮らしの在り方を問い直し、目覚めた意識で考え判断して、原発のない豊かな日本、そして新しい世界実現に向けて動き出すことです。

それに気がついたので、この宣言と呼びかけを私たちからスタートすることにしました。


Consciousness(コンシャスネス)の意味
意識:意識をもっていること:正気:自覚:気づいていること


今回の原発事故は、わたしたちの無知、無関心、無責任、無言という意識の在り方、日常の行動の在り方が引き起こしたものです。
今、 問われているのは、こんなに危険な設備を、そして、稼働するために日常的に被爆者を生み出さざるを得ない非人道的な設備を、たくさんの人々の警告や嘆願や 悲痛な叫びを無視して作り続けてきたこと、そしてそのことに関心を持たずに許してきたことへの気づきと深い反省です。
亡くなった方々、今も苦しみ続けている多くの犠牲者達に、故郷を出て避難生活をされている方々に、そして、子どもたちに、地球に、ただただ謝りたいと思います。
そして、動き出したいと思います。わたしたちをとりまくすべてに関心を持ち、知ろうと努力し、意見を言い、行動するわたしへの大きな一歩を踏み出します。
その気持ちを形にしたものがこの宣言です。
宣言&呼びかけ人が1000万人(日本人の1割)になることを目指して「原発のない日本へ!Consciousness311」を立ち上げました。
宣言&呼びかけを開始します。
下記のアクションナビにそって、自分への宣言文を菅首相に送りましょう。
そして、宣言&呼びかけ人としてこのメッセージを友人、知人に送り、さらに、それぞれできることから行動に移していきましょう。



宣言&呼びかけ発起人            
いのち輝く食の心と技を伝え続ける     

つぶつぶクリエーター ゆみこ
歌で目覚めを呼びかける          
シンガー・ソングライター Yoshie Ebihara




以下宣言文のコピーです。
上記の知ろう!目覚めよう!動きだそう!原発のない日本へ!Consciousness311
へアクセスしてください!




私は宣言します
 菅直人首相


さらなる事故が起きる前に、日本中の原発を止めてください!
地震はまだ日本各地で続いています。このままでは、いつまた原発事故が起きるかわかりません。福島の原発事故だけでも世界を揺るがすほどの対処不能の大惨事となっています。次の事故が起きたらと思うといても立ってもいられません。
被爆を避けるために故郷を失ってこの寒さの中、不自由な暮らしを余儀なくされている方々のことを思うと、そして、現場で決死の作業を続けている方々のことを思うと、悲しみを通り越して言葉も出ません。
こんなに危険な原子炉はもういりません。
私達は日本から原発をなくすため、便利さだけを追い求め、電気を浪費する意識と暮らしの在り方を根本的に見直します。
どうか、1日も早くすべての原発を止める決断をして下さい。
みんなで力を合わせて、いずれ火力発電も減らす方向で、風力や太陽光、地熱などの自然エネルギーの開発に全力をあげて、原発のない豊かな暮らしを実現すること、そして、世界に伝えていくことが、真っ先に私達日本人が取り組むべきことだと気がつきました。
菅首相、全原発の廃止に向けて共にすすみましょう。
その為には私達も全面的に応援させて頂きます。
原爆被爆国であり、未曾有の原発事故の当事者である日本から原発のない社会を実現して、世界に、お手本を示しましょう。
              

名前             
住 所               


---------------------------------------------------------------------------------
(↑↑宣言文ここまで↑↑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宣言文を「首相官邸」と「原発のない日本へ!事務局」の2ヶ所に送る


この宣言文をペーストして使用、または自分の言葉で宣言し送ろう!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。