身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はゴカちゃんのところのウーファーさんマッちゃんと息子が、遅くまで片付けを手伝ってくれたので、とっても助かりました。
朝はゆっくり寝ててね~。。。って言ったのに、朝も早くから起きてきて、私と一緒に甲斐とハルの散歩に行ってくれました。

午前中マッちゃんと古代米の調整をしてから、お弁当を持って長坂まで行ってきました。
野風草に立ち寄ってお昼を頂き、グイシャン一家と合流して、八ヶ岳自然農の会の三井さんの田畑を見学させて頂きました。
いつ来ても気持ちの良い田んぼと畑です。

今日の天気は激しく変化して、晴れから大雨。そして晴れ。。。

今日の目的は上記の学習会に参加して、白州のS宅のソーラーシステムを見学させていただくことでした。
お二人でコツコツ手作りのお宅の見学も楽しみにしていました。

IMG_2313.jpg
雨上がりのS邸

IMG_2310.jpg
建築中のS邸

IMG_2306.jpg
発電システムその1

IMG_2307.jpg
その2


原発問題では色々な方々が発言されていらっしゃる通り、「復興を急いで元の生活に戻ってはいけない!」
せっかく地球がメッセージを私たちにわかるように発してくれたのだから、今気がついて目覚めなくては地球が悲しみます。
Sさんのソーラーシステムは、私たちの器に合った最小限のエネルギーでこんなにも豊かに生きていけることを見事に証明している象徴のように見えました。

電気は苦手と逃げていないで、私も水力発電を勉強してみようかな~などなど、楽しくお話しながらマッちゃんと家路につきました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。