身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週暑い中の田畑の作業が一区切りついたので、午前中に用を済ませて、午後から奈良田温泉へ出かけて来ました。
早川町は初めてのまりちゃんをご案内して、プチ夏休みです♪


IMG_2659.jpg
奈良田温泉

ぬるめの温泉も今日は熱く感じました。
お風呂上りに、偶然横浜時代の仕事関係の皆様にバッタリお会いしてビックリ!
今日は世の中は3連休なのでしたね。。。


IMG_2657.jpg
帰り道に立ち寄ったギャラリー「オゴン」
素敵な作品を楽しませていただきました。
早川町へ行かれたら、必見のギャラリーです!
木の生命力感じる大きな作品から、可愛いガラスのペンダントまで展示販売しています。

木々の緑と入道雲に夏休みらしい1日でした。
早川町はおススメスポットが沢山ありますので、身延へお出かけの時には是非足を延ばしてみてください。
喜んでご案内させて頂きます。


夜は長坂の野風草で開催された大地の再生講座の講師矢野さんのお話会に参加してきました。
3・11の震災津波災害の東北に個人で何回も環境改善に行かれていらっしゃる矢野さんのお話でした。

津波の被害の実態や、復興の状況、そして、これから私たちにできることなどなど、決してメディアでは触れない現地の状況をお聞きしました。
100年周期で津波被害に遭ってきた東北では、どうして沿岸部に民家が集中したのでしょうか?
元は津波の被害を逃れて高台に居をかまえていたはずです。
便利さを求めた暮らしの結果かもしれません。
復興は早く元の暮らしに戻ることを前提としています。
今回の事から学ぶなら、決して元の暮らしに戻ってはいけないと、自然は教えてくれたのでしょうね。
色々な事を感じたお話会でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
思いを変えるのは どうしたらできるのでしょうね?
Gさんにさえ なかなか伝わらないことが多くて
ただ うるさいとしか思っていないようですが ここがこんなに違っていて良いのかしら?と毎日???です
2011/07/18(月) 16:10:40 | URL | #-[ 編集]
変えられるのは自分だけですね。。。
2011/07/18(月) 21:15:55 | URL | mako #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。