身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月明かりの夜、川のせせらぎと虫の声をBGMに心と体が喜ぶつぶつぶ一万粒コース料理をお楽しみください♪

本日の風のコース

IMG_3112.jpg
前菜5種
ヒエクリーミーコロッケ・揚げ野菜の味噌マリネ・タカキビチリビーンズ・粒ソバとジャガイモのコロコロカレーソテー・インゲンのエゴマ和え

IMG_3113.jpg
ヒエとカボチャのポタージュ


IMG_3114.jpg
キヌアのペスカトーレ


IMG_3115.jpg
柚ゴボウサラダ


IMG_3116.jpg
カブと山芋のモチアワクリームグラタン


IMG_3117.jpg
高キビローフとキノコのハーモニー


IMG_3118.jpg
本日のご飯
キビたまキツネご飯
フノリタクアン・アマランサスオイキムチ


IMG_3119.jpg
デザート
モチアワカントリーケーキ・ヒエ粉のフルーツツブプル・甘酒アイスクリーム・甘酒トリュフ
ペパーミントほうじ茶or玄米コーヒー


食前酒に甘酒ワインカクテルをお造りすると、「甘酒を飲んでみたかったんです~♪」
さらに、食後にホット甘酒ドリンクをリクエストされて、その美味しさにすっかり甘酒のファンになられました。
そして、お帰りの際には甘酒の作り方も出ている「つぶつぶスタートブック」と麹もお買い求めになり、甘酒チャレンジにワクワクキラキラでした♪

雑穀ご飯と米麹で作る甘酒は、ノンアルコールで糖度の高いスッキリした甘さです。
甘酒は江戸時代より夏の飲み物として、食中毒防止や夏バテ防止に庶民の栄養ドリンクとして飲まれていたそうです。
高温多湿の日本では、牛乳で作るヨーグルトより、雑穀ご飯と麹で作る甘酒=ジャパニーズヨーグルトの方が腸には良いそうですよ♪
この甘酒さえあれば、クッキーからアイスクリーム、パンケーキ、スムージー、ムース等ミラクルスイーツが簡単に作れてしまうのです。
甘酒の作り方、応用レシピはスイーツクラスに参加して、是非マスターして下さいね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。