身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はまず二八蕎麦を打ちました。
IMG_3551.jpg
今日のテーマは水回し
まずは講師の鞍打さんの打ち方を説明を聞きながら見学します


IMG_3553.jpg
1~1.5ミリの薄さまで伸してから切ります


全行程の説明が終わってから、各自で一人500グラムの粉を打ちました。
見学をしている時は、昨年やったことを随分忘れていると感じましたが、いざ打ち始めると以外にも体が覚えていることに気が付きました。
机上の学びではなく体験が伴った学びこそが、生きる力になるとつくづく実感しました。

試食は講師の先生が打ったお蕎麦を頂きました。
IMG_3554.jpg
まずはそのまま頂きます。。。あまい!!
次に塩で頂きます。。。うまい!!
そしてつぶつぶ流そばつゆで頂きます。。。おいし~い!!
ワサビを少しのせて頂きます。。。さいこう~!!
ネギを薬味に頂きます。。。おかわり~!!
最後に蕎麦湯でしめです。
この蕎麦湯がまた最高にウマいのでした。

喉越しが良く、蕎麦の香り高く、何とも幸せな時間でした。

自分で打った蕎麦は夕食で食べました。
今回はイイ感じの出来具合でしたので、家族の反応も上々です。
少しでも上達すると、次回がより楽しみになってきます。

次回は2月15日です。あと1~2名でしたらお席がご用意できるかもしれませんので、お早めにお申し込みくださいね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。