身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月25日にここ身延での「いのちめぐる風土の再生講座@身延準備会」の後、八ヶ岳の麓で上記の講演会が開かれました。
八ヶ岳を横切る中部横断自動車道開発について自然とともに考えるための緊急開催でした。

講師の矢野智徳さんプロフィール
九州北端の自然植物園に育ち、大学で自然地理学を専攻する中、1年間の日本1周見聞を経て、自然の森の在り方から学んだ空間作り、庭作りを目指し、独自の造園業を始める。その後恩師とともにNPO「もりの会」を創設。現副理事長・日本造園連合会会員・環境再生医。北杜市長坂町にて2010年より「いのちめぐる大地の再生講座」、2012年より「いのちめぐる風土の再生塾」の講師を務め、自然の声をききながら「風通し、水通し、光通し」を整える再生法を教えている。

「いのちめぐる風土の再生塾」とは、「風土」すなわち、お日様、風や雨、石ころに草木、山と沢、そこに暮らす多くの虫や動物たち、そして里の人々を含む環境すべての営みが、日本全国、乱れつつある現状をまずは知り、それぞれの地域で自然に沿った再生法と、持続可能な自然と人間の諸活動の関わり方を学び、できるところから実践するための学びと気付きの場です。

山梨いのちのアトリエでは今年5月から「いのちめぐる風土の再生塾」を毎月開催して、1年間の四季を通して自然から学んで行く予定です。
詳細が決まり次第お知らせしますので、是非この機会に私たちの暮らす足元の、土の下の見えないところの世界を含めた、場をよむ学びをご一緒にしていきましょう!

上記の矢野さんの講演会の映像が公開されていますので、是非ご覧になってください。
前半 http://youtu.be/UvjAwO1agso
後半 http://youtu.be/FlHaC1vvAWI

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。