身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11日~12日は上記の講座でした。

早川町奈良田地域をフィールドに今回の山講座は開催されました。

当日の様子は埼玉から参加された りーふさんが、とてもわかりやすくレポートにまとめてくださったので、こちらをご覧下さい。
http://uzunami727.blog37.fc2.com/blog-entry-555.html


IMG_1058.jpg
早川町薬袋の崖崩れ修復現場
命懸けの現場は原発と同じ構造です。


IMG_1059.jpg
奈良田ダム上流
砂防ダムは全て埋まっていました
虫も見かけず、生き物の気配すらない無機質な環境が南アルプスの現実でした
こんな状況でも、自然は再生の方向へ健気に向かっているのでした


IMG_1064.jpg
良かれと考えて?なにも考えないで?この修復作業が自然の修復作業の足をひっぱていました


IMG_1075_20120813135248.jpg
ランチタイムの休憩場所で偶然遭遇した、崖崩れの自然修復の現場
きれいな緑に覆われた気持ちの良い空間になっています


IMG_1085.jpg
丸山林道で修復作業
子どもでもできる簡単な作業で見事に林道が蘇ります


矢野さんのお話は毎回多くの学びや気づきがあり、実習は誰もがすぐに足元の作業から始められる環境整備です。
そして、矢野さんから教わった自然界は全て相似形、これは人間関係にも当てはまることであり、宇宙の法則かもしれません。
「いのちめぐる風土の再生講座」ひとりでも多くの方々にお伝えしたい内容です。次回9月は16~17日里講座です。お申し込みは?0556-62-2801  minobusizennouen@y4.dion.ne.jp


今週末18~19日、長坂の野風草にて矢野さんの「縄文講座」が開催されますので是非そちらにも参加されることをおすすめします!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/14(火) 07:54:56 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。