身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はサバイバルセミナーscene1を開催しました。

scene1は知識をお伝えするセミナーではありません。
受講された方ご本人が、生まれ持った生きるすべての知恵を、ご自分の内側から思い出す呼び水となるのがscene1なのです。
東京ではつぶつぶグランマゆみこさんが講師をしますが、地方では各地のつぶつぶマザーが講師をしています。
山梨は季美の郷の宮川が講師をします。

次回は9月22日に開催します。
気になる方は是非ご連絡ください。

詳しい内容についてはつぶつぶのHPでご覧になれます。



さて、今日のお客様も北から南からそれぞれ1時間以上かけてお出かけくださいました。
嬉しいですね~♪

IMG_1195.jpg
高きびハンバーグプレート

IMG_1196.jpg
雑穀と旬野菜のランチプレート

IMG_1197.jpg
ミラクルスイーツプレート


今朝は畑で風の草刈、田んぼの水路の草刈と溝掃除などで1時間ほど汗をかきました。
水路周りの草を狩り、水路にたまった葉っぱや泥を取り除くと、水の流れが急に勢いよくなります。
同時に清々しい風が水路に沿って吹き始めます。
水が動くと同時に空気も動くからですね。

同じく畑も溝の風通しを良くすると、急に気持ちの良い場に変化するのがすぐに実感できます。

風の草刈&剪定、そして水・風・光がポイントとなる環境改善は移植ゴテ1本でできるのです。
これについては、今週末16~17日「いのちめぐる風土の再生講座@身延」で講師の矢野さんから学びます。
自然界の営みから学んだ環境改善方法は、宅地周り、田畑、山、川、全てに応用できます。
是非1度矢野さんのお話を直接お聞きになってください。
16日は座学ですが、17日は実習です。
お申し込みは
☎0556-62-2801
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。