身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前中は暖かく、身体も軽くなったような気分になりました。家中開け放して、しもみさんと掃除をしてスッキリ!
かおるさんは庭のカエデの木の剪定を始めました。助手のしもみさんと切る枝の件でもめていましたが、どうなったでしょうか。
二人が仲良く作業しているところを写真に撮ろうと思ったのですが、ちょうどパンをこねている最中だったので撮ることができませんでした。

夕方、暗くなってから、寒修行の僧侶が玄関の前で太鼓を叩きながら大きな声でお経を唱えます。暗くなってから玄関を開けるのは怖いのですが、しもみさんがお布施を出し、お札を頂きました。「いい顔のお坊さんだったわよ!」「私が出れば良かった!」と不謹慎な会話の母娘でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
寒修業ですか…その僧侶の方の服装は、いかにもというか、薄手の物だったんですか?
しもみさん母娘、罰あたらなきゃいいですね(笑)
2008/01/31(木) 22:30:07 | URL | タケ #-[ 編集]
怖いね
なにそれ、怖いね・・・。
あんまり開けない方がいいかもよ?
このご時世だしね・・・。
2008/02/01(金) 11:35:03 | URL | トモ #-[ 編集]
タケさん、ともさんへ
本当の神様、仏様は全てを許し、罰など当てないのではないかしら・・?

身延は場所柄もあり、修行僧の方が大勢いらっしゃるようですよ。一応夜は相手を確認してから鍵を開けています。ちなみに、他のお宅では鍵をかける習慣はないようです。
2008/02/02(土) 15:01:03 | URL | マコ #-[ 編集]
すみません、つまらない事を言ってしまって…
鍵をかける習慣がないっていうのはある意味、いい事かもしれませんね(^^)地域住民が、お互いに信頼しあっている証のような気もするし。
2008/02/02(土) 23:56:38 | URL | タケ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog07potos.blog93.fc2.com/tb.php/156-c563e6f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。