身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝は一面真っ白の霜で冷えましたが、日中は陽射しが暖かく気持ちの良い陽気でした。
かおるさんとしもみさんはハルの隣にあるバーベキュー・コーナーの一画で、畑を耕し始めました。
自然農は耕さず、肥料農薬を用いず、草々虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする永続可能な生き方です。
かおるさんは戦後の食糧難の時代に、山奥で山林を開墾して田畑を作り、自給自足の生活をした経験があり、「肥料農薬を用いず」は同意できるのですが、「耕さず」は納得がいかず、事あるごとに「耕さなければ良い田畑にならない。」と確信しているようです。
これは仕方の無い事で、自然農の田畑でそれなりの収獲が得られれば認めてもらえるのでしょう。それまでは、お好きなようにどうぞとハルのいる畑はかおるさんとしもみさんの有機農法の野菜畑になるそうです。
でも、1年前は歩くのも辛い程の腰痛に悩まされていたかおるさんが、畑を耕せるようになったのは、嬉しいことです。健康のためにも、しもみさんと仲良く(耕しても良いので)畑仕事を楽しんでもらいたいと願っています。

CIMG0418.jpg
トマト・ナス・キュウリ等夏野菜を植える場所に腐葉土をいれています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自然農、結構奥が深いんですね。
マコさんの日々の奮闘ぶり!?には頭がさがります。(変な言い方でもし、気を悪くされたらすみません)
リハビリ効果もあるんですかね?農作業って。かおるさんの場合は、戦後の経験があるから特別なんかなぁ?
2008/02/06(水) 08:08:11 | URL | タケ #-[ 編集]
タケさんへ
かおるさんは、身延の生活で7キロ体重が減りました。相模原に帰ったとき主治医に体重減少を心配されて、ガンの検査をしましたが、異常無し。穀物菜食と身延の自然、創生水のおかげでデトックスしたのでしょうね。便通もすこぶる調子がよくなり、本人は健康で調子が良いと晩酌が美味しいようですよ。
2008/02/06(水) 09:24:03 | URL | マコ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog07potos.blog93.fc2.com/tb.php/159-6b0bee67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。