FC2ブログ

身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
今日は初めて、確定申告に行ってきました。
収入が無いということは、手続きも簡単なのですね。それでも、いくらか戻ってくるので、わざわざ行った甲斐がありました。

今日、仙台筋弛緩剤点滴事件の守大助さんが最高裁第3小法廷で棄却され、無期懲役が確定したというニュースが入ってきました。
私は職業病の行政訴訟で永く裁判闘争に関わっていましたが、同じ第3小法廷の同じ裁判官でした。毎月最高裁に要請に通うなかで、様々な冤罪事件の被告とされた実は被害者の方々ともお会いするなかで、今の日本では、誰もがいつ身に覚えの無い事件に巻き込まれて被告にされてもおかしくないという現実を目の当たりに見てきました。
守さんのお母さんとも要請行動のときに、一緒に書記官に要請しました。息子の無実を信じるお母さんの必死の訴えに心を打たれました。
筋弛緩剤点滴事件は、何の物的証拠も目撃者も無いのに、警察と検察の推認が支持され、「疑わしきは被告人の利益に」という裁判原則も無視されて、有罪判決が出されてきました。
この事件に限らず、冤罪事件がいくつもおきている事実をどうしてマスコミは知らせないのか不思議でした。それどころか、この事件も当初から犯人と決め付けた報道に誰もが、「なんて悪いヤツなんだ。」と思わされていました。マスコミの情報は角度を変えて受け止めなければいけないのでしょうね。ちなみに、法務大臣の発言からして日本の司法は、普通の一国民を守る立場にないことは明らかです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんにちは、マコさん。司法を含め今の日本はおかしな事ばかりな気がします。先日のイージス艦事故に関して特にそう感じました。国を守る為にあるはずの自衛隊、事故当時に見張りをしていた隊員の証言等から、随分と傲慢な印象を受けました。もちろん、自衛隊員全員がそうではないのでしょうが。
今現在自衛隊が保有している装備を駆使して、行方不明になっている親子を、一日でも早く冷たい海の中から見つけだして、家族のもとに帰してあげてほしいと思います。
2008/02/28(木) 11:49:12 | URL | タケ #-[ 編集]
タケさんへ
そうですよね。大臣が引責辞任する前にやるべきことがあるでしょう!悲しい事件が多すぎますよね。
2008/02/28(木) 17:19:29 | URL | マコ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog07potos.blog93.fc2.com/tb.php/167-ecbc5f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック