FC2ブログ

身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
晴耕雨読、自然食通信社から出版された新井由己さんの写真集「自然農に生きる人たち」を、今日はコタツでゆっくり読みました。
川口さんの写真と序文で始まる全国の自然農実践者の写真集です。
川口さんの序文の一部をご紹介します。

いのちを見つめ、いのちの道を明らかとし、いのちに添い従い,応じ任せて、豊かなこの自然界の恵みを受け続けることのできる自然農を取り入れて、平和に農的暮らしを、あるいは自給自足、さらには専業農家として生きている人々が日本の各地に多くおられます。(中略)
自然農の歴史はいまだ浅く三十年ばかりであり、本書に紹介される一人ひとりはさらに経験浅いなか、自分の生きる道と悟って一途に取り組み、知恵働かせ、人知れず努力を重ねている姿は、そのまま時代の先を行く姿であり、人類の道を切り開いてゆく美しい尊い姿でもあります。(中略)
一人ひとりの自然農のある喜びの日々が、そのまま環境問題の真の解決をなしていることを思うと、なんとも嬉しいです。   川口由一(序文より)

当初、自然農の写真集と聞き、地味だなあ‥売れるのかしら?と思いましたが、見て納得、読んで感動でした!
畑には作り手の性格が出ると言われていますが、その作り手の顔とともに美しい田畑の写真にいのちが輝いていました。
また、自分が知りたいことではなく、相手が話したいことを引き出す聞書人(キキガキスト)と称する著者の新井由己さんの文章が写真を更に引き立てていました。また、エピローグでは、桜沢さんのマクロビオティックから、岡田式自然農法、福岡式自然農法、藤井さんの天然農法、川口さんの自然農、パーマカルチャーまで、それぞれの特徴と関連性を分かりやすく解説してあり、私的には頭の中がスッキリしました。

さて、昨夜こねたパンは気温が低すぎて朝になっても、酵母くんが元気になりません。コタツに移動して午後になるとようやく元気に活動始めました。暖かい日だと7時間くらいで発酵しますが、今回は16時間かかりました。同じ素材で同じ作り方でも、生きた酵母が相手なので毎回違います。だから楽しいのですが‥。

夕食は余りもので結構豪華になりました。せっかくの雨の日なので、買い物にも行かず、ゆっくり、音楽を聴きながら、読書や書き物、料理を楽しみました。

CIMG1155.jpg
玄米パン&ぶどうパン

CIMG1158.jpg
エゴマ五穀ごはんの玄米粉ドリア・高キビ味噌ジャガイモとキヌサヤのおからサラダ・新玉ねぎと切干大根のハリハリ漬け和え・キャラブキ・味噌汁・干しプルーンの塩煮

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
はじめまして
著者の新井です。
検索でたどり着きました。
写真集の紹介、ありがとうございます。
よろしければ、アマゾンなどにもレビューをお願いします。

身延で自然農をされているんですね。
富士宮に7年くらい住んでいたことがあり、
あのエリアは親近感があります。
安曇野のシャロムヒュッテの元スタッフが芝川にいるので、
そちらのほうに出かけることがあったら、
ぜひ畑を見学させてください。
2008/05/16(金) 04:20:51 | URL | 新井由己 #8gD7dv2o[ 編集]
新井さんへ
コメントありがとうございました。
アマゾンの件了解しました。
芝川のゴカ邸は暮らしその物が自然に沿っていて、妙に落ち着く所です。我が家へも車で30分の距離ですから、是非お寄り下さい。我が家のゲストには雑穀料理を召し上がって頂くので、是非お腹を空かせて来てくださいね!
2008/05/16(金) 09:39:24 | URL | マコ #-[ 編集]
よろしくお願いします
さっそくのコメント、ありがとうございます。
ごかちゃんのこともご存知だったんですね。
富士宮には木の花ファミリーもあるので、
楽しみにしていますね。
2008/05/16(金) 14:27:10 | URL | 新井由己 #8gD7dv2o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog07potos.blog93.fc2.com/tb.php/211-7756be8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック