身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 輸血のおかげか、AWG照射が効いているのか、ソマチッドやEM-Xが効き始めたのか、とにかく、昨日から調子が良いカズさんである。食事も3食きちんと食べ、熱も今朝初めて36度台になる。腰痛も随分楽になり、一人で寝起きができるようになった。顔色も良くなっている。
元気が出てくると、色々と気がつくようになり、人の世話まで焼いている(笑)。

 さて、昨日新野恵さんのさりげな商品から、注文した竹炭のマットと炭結界シリーズの布テトラが届いたので、早速試してみる。マットはカズさんが敷いてねている。テトラは寝るとき私とカズさんの布団の4隅に置いた。昨夜は寒かったはずだが、ポカポカとぐっすり眠れた。また、背中2箇所、胸2箇所に紐で繋がった竹炭プレートをつけると、頭が結界の中に入るという商品をサービスでいただいたので、私が付けて家事をしたが、背中がポカポカとして気持ちが良い。また、3ヶ月前から五十肩か、右肩が痛く腕を上げられなかったのが、動きが良くなってきた。首も回り易い。
 結界とは地鎮祭などで4隅を竹で囲む神域のこと。結界内部は霊的あるいは神的エネルギーが高まる。竹炭を4隅に置くことで、場のエネルギーを高め、様々な事象を引き起こすということらしい。
 ちなみに、説明書には「木炭はエネルギーをどんどん高める「太陽のエネルギー」であるのに対して、竹炭はバランスを保ち、生命を生み出す「月のエネルギー」と言われ、結界を張る場合に、より適切な炭を選択することが重要になります。」と書いてあった。
 新野さんに興味があり調べていくうちに、この竹炭結界に出会うことになったのだが、確かにすごい竹炭パワーである。気になる方は是非、株式会社サクセス・アイのホームページを覗いて見て下さい。
 新野さんご自身が実は、すごいパワーの持ち主らしいです!(じあいネットの情報)
        
       070316_1630~01.jpg

        竹炭布テトラ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog07potos.blog93.fc2.com/tb.php/26-86a4cfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。