身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日から急用で横浜へ行き、今夜の帰りの車中で上記の本(上野千鶴子著 法研発行)を読んできました。
「ようこそシングルライフへ!」で始まる本書は、誰でもいずれは一人になる、シングルライフルのキャリアである著者が「おひとりさまの老後」をいかに楽しむかという、ハードとソフト、特にソフト面を重視して書かれた、かなり現実的な内容の本でした。
長年二人の老後については考えたり、それなりの準備もして、その延長線上にこの身延での暮らしもあります。
それが突然、カズさんが居なくなり、去年から始まったシングルライフ青葉マークの私には、片付ける物が横浜の家の荷物だけではなく、私の心の中にたくさんあることに気が付きました。
やはり、この世の中の出来事は全て偶然ではなく必然なのだと、久々に考えさせらました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog07potos.blog93.fc2.com/tb.php/338-a3bc4392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。