FC2ブログ

身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
昨夜はパンセミナー受講のため、甲府から帰ったら11時を回っていました。
教わってきた酵母種を、今朝早速作ってみました。

酵母は果物、野菜、穀物から採ります。
私は、できたらカズさんの高キビから酵母を採ろうと決めていました。
そこで、酵母種作りはまず、高キビの脱穀から始まりました。

高キビは粒が大きいので、比較的調整しやすいのですが、粉に挽く段階で手間取ってしまいました。
製粉機はないので、まず、コーヒーミルで試しましたが、400gを挽くと夜までかかりそうな具合だったので、すぐにすり鉢で試してみました。こちらも高キビの固さにかないませんでした。
仕方ないので、ミルサーを出してきてセットすると、数分で呆気なく終わりました。
できれば使いたくなかった文明の利器に、またまたお世話になりました。

いよいよ酵母種の仕込みです。
熱湯消毒した容器に25度の仕込み水を800㏄用意して、小麦粉475gを混ぜます。
そこへ、ガーゼに包んだ高キビを入れて、よくもみ出します。
そのまま容器に蓋をして、21~25度の温度で管理します。
一日目はこれで終了。
これから2週間は、人間の赤ちゃんを育てるのと同じように、1日3回の酵母へのエサやりと温度管理をしていきますとのこと。
味噌麹は3日でしたが、パン酵母は2週間‥
成功か失敗かは、人間の臭覚でしかできないと教えていただきました。
受講生からは、臭覚でどう判断したら良いのかわからないと質問や不安が出されると、先生曰く「そもそも人間には、臭いをかいで腐っているか、安全か判断できる能力が備わっていた。賞味期限など最近のこと。自分の感覚を思い出して下さい。」
そうなのです、酵母種の失敗した腐敗臭と成功したイースト臭は際どく近いのです。

酵母種がうまく成功したら、いよいよ次回はその酵母でパンを作ります!
楽しみですね~、高キビ酵母のパン!

CIMG2153.jpg
篩いを使って脱穀

CIMG2154.jpg
目の細かい篩いでゴミを取り除き

CIMG2155.jpg
400gの高キビ

CIMG2156.jpg
コーヒーミルで挽いても

CIMG2157.jpg
すり鉢ですってもダメなので

CIMG2158.jpg
ミルサー登場

CIMG2159.jpg
仕込み水に小麦粉を混ぜて

CIMG2160.jpg
高キビを入れてよーくもみ出します

昼食の時間が遅くなったので、エゴマの葉の醤油漬けとエゴマふりかけで「エゴマだんだん」にして食べました。あまりの美味しさについおかわり!久々のヒットでした。

CIMG2161.jpg
ヒエご飯のエゴマだんだん

CIMG2162.jpg
3段でした!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
セミナーで…
こんばんは!
昨夜はお疲れ様でした。
自然と共生した暮らしをされているんですね。
羨ましいです!
マコさんは高きびの酵母種を作られるのですね!
皆さんがどんなパンを作られるのか楽しみです。
お勧めのヨーグルトメーカーがよくわからないので
また次の時にでも教えてください。
2008/11/10(月) 23:06:37 | URL | はるにれ #-[ 編集]
はるにれさんへ
コメントありがとうございます!
ヨーグルトメーカーはYAMAZENのYMR-9100(W)です。
2008/11/11(火) 08:38:35 | URL | マコ #-[ 編集]
マコさん
早速二台注文しました♪
ありがとうございました。
楽しみにしています。
2008/11/11(火) 23:17:12 | URL | はるにれ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog07potos.blog93.fc2.com/tb.php/420-cbff58f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック