身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日新宿から朝一番の高速バスで身延へ帰って来ました。
午後からは大野の田んぼで、ゴカちゃんたちと、苗床の草取りや溝掘りの作業をしてから、身延自然農園の田んぼの畦塗の準備もお手伝いして頂きました。
今回は参加者が12名だったので、とっても作業が進み、楽しめました。

大野の田んぼも身延自然農園の田んぼも、苗が順調に育っています。
今週末23日の”ゴカちゃんの田んぼクラブ”では、苗床の世話と畦塗の実習、雑穀の播種を予定しています。
自然農の田んぼでは、畦塗がとても重要な作業です。そして、泥をこねたり、塗ったりと童心に返って楽しめる作業でもあります。
きれいに塗りあがった畦が夕日に輝いて、何ともいえない達成感を得られるのも、貴重な体験です。
まだ、若干名なら受け付けられますので、長靴を履いて、”ゴカちゃんの田んぼクラブ”へお出かけ下さい!!

CIMG3178.jpg
1ヶ月前に播いたお米の芽

CIMG3180.jpg
苗代の長い藁を取り除いて、鳥よけのひもを張りました。

CIMG3194.jpg
溝掘り

CIMG3198.jpg
畦の草刈り
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。