FC2ブログ

身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
横浜から大先輩のお姉さま方が”一万粒コース”を召し上がりに、いらっしゃいました。
オーガニックビールと共につぶつぶ料理を満喫して頂きました。

CIMG3931.jpg
前菜:アマランサスの中華ディップ

CIMG3932.jpg
前菜:ひよこ豆とオルチョサンニータのディップ&塩茹で落花生

CIMG3933.jpg
アマランサスのタラモサラダ

CIMG3935.jpg
蒸しニンジンフライ&ヒエフィッシュフリッター

CIMG3936.jpg
高キビボロネーゼ

CIMG3937.jpg
インゲンのクタクタ煮キヌア添え

CIMG3938.jpg
蒸しナスと梅酢ミョウガのサラダ

CIMG3939.jpg
ブドウと梨のフルーツつぶプル&出雲の紅茶

他にキノコソテーのヒエマッシュグラタンと五穀ごはん、漬物、人参とモチアワのつぶつぶスープが付きました。
きれいに召し上がっていただき、嬉しかったです!!
ありがとうございました。

さて、今週のランチプレートは、ヤスくん改めグイシャンとChu-Buru-DECOの井上さんに、打ち合わせを兼ねて召し上がっていただきました。
CIMG3940.jpg

井上さんはあのわじあじあさんのお店の施工を手掛けられたスゴ~イ方なのです。
ヤスくん改めグイシャンが、本で紹介されていたわじあじあさんを訪問して、そのジャンクな造りに興奮した勢いで、井上さんにお会いして、季美の郷のリホームのコラボをお願いしたという経緯があったのです。
グイシャンは、つぶつぶ祭りの外回りや屋台村、ベンチ、ターフを張った休憩スペース、看板などを担当してくれました。
室内のテーブルやカウンター、手洗い場、食品棚等も彼の作品です。
グイシャンのお陰で、つぶつぶ祭りが何倍も居心地良く、楽しめたわけなのです。

CIMG3941.jpg
グイシャンは中国で1年間暮らしていた時の中国名とのこと。
屋号もジャンクリヨと、これからやりたい仕事への強い想いがこめられていました。

名前って重要ですよね~!
特に名刺には限られたスペースの中に、その人の生きる道標が記されているわけですから。
最近ヤスくんイキイキしているな~と思っていた矢先に、新しい名刺を頂きました。
名刺の裏には「木や鉄や廃品などを利用した簡素な家具製作やリフォームなどをうけたまわります。」とありました。
自分のやりたい事を明確に書くことで、夢は実現するようです!!
これからのグイシャンが楽しみ!!

私も名刺が切れているので、早くつくろ~っと!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ランチごちそうさまでした。
そういえば、初めてお客さんになったのでした。おいしかったです。畳の間も気持ち良かったです。井上さんも満足のご様子でした。つぶつぶ祭りは本当にたくさんの方がいらっしゃってびっくりでしたね。急きょ二日間の準備期間にはマムさん息子さんたちお嫁さん彼女さんお友達に大いに活躍していただきなんとかあれだけできました。どうもありがとう。しかし至らぬ点、やりたかったこと、いろいろありましたので来年は前もって準備したいです。今から楽しみです。これからもジャンクリヨ、どうぞよろしくです。
2009/09/30(水) 08:53:51 | URL | ヤス改めグイシャン #-[ 編集]
グイシャンへ
もしや初コメント?ありがとうございます!
グイシャンのお陰で、季美の郷がどんどん居心地の良い空間になっています。
イメージしたことが現実となっていくので、いつもワクワクです!!
グイシャンのホームページ楽しみに待っていますね〜!
2009/10/01(木) 15:13:31 | URL | mako #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する