身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏に、カズさんのお父さんが亡くなり、義父のいない初めてのお年とりとなりました。
今年は、長男夫婦とけんさん、まきちゃんも来てくれて、賑やかな大晦日です。

今年もけんさんが、豪華な海鮮を送ってくれたので、ご馳走が並びました。
暖かい部屋で、大切な家族と、みんな健康で、美味しいご飯を食べられる幸せに、心から感謝します。

今年は4月に念願のCaféをオープンさせていただき、多くのお客様につぶつぶピースフードを召し上がっていただきました。
そして、料理教室も同時にスタート、一人でも多くの方につぶつぶピースフードをお伝えしたいと夢中でやってきました。
心優しい皆様のおかげで、教室では私が多くのことを学ばせていただきました。

2回目になるつぶつぶ祭りは、昨年の数倍のお客様をお迎えして大盛況でした。
その日にデビューした「つぶつぶ屋台村」は、その後もこふく亭収穫祭、天空マーケットに出店させていただくチャンスをいただきました。

来年は1,2月にお休みをいただいて、3月からCafé、田んぼクラブ、料理教室、つぶつぶ屋台村、その他新しいワークショップも登場します。
皆様には、1月下旬までにはお知らせを送らせていただきますので、お楽しみにお待ちください。

2009年ご縁をいただいた皆様に、心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。
皆様にとって、新しい年がイキイキワクワク素晴らしい年となりますように・・・。


CIMG4627.jpg
海鮮鍋に海鮮バーベキュー、モチアワ春巻きも好評でした。
甲殻類アレルギーのまきちゃんと私は、車麩のベジ鍋でした。
締めのお雑炊もまた絶品!

CIMG4625.jpg
今朝水道の検針と集金に集落を回ったとき、お寺さんの角松がとても素敵だったので撮らせていただきました。
どのご家庭でも、山から松や南天を採ってきて、角松を作っています。

CIMG4626.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。