FC2ブログ

身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
お正月が過ぎて、急にバタバタとしております。

やっと、離れの建設予定地の農振の手続きが動きだしました。申請してから1年半です。これから農業委員会にかかり、それから県に行くので早くても行政の手続きが終わるのは2月下旬から3月です。

過疎化で人口が減る一方なのに、小屋一つ立てるにもこ~んなに待たされるなんて、行政のやることは疑問だらけです。
身延へ移住しようかしらと思っても、住む場所がすぐに見つからなかったら、他県に行くしかないでしょう。
こんなに、たくさんの空き家と遊休地があるのですから、行政が本気になってIターンやUターンに対して窓口を開けば、必ず人口は増えます。
今年の移住者一人が10年後の税収アップに確実につながるのですが、わっからないかな~!

さて、昨日はお世話になったIさんの事務所にご挨拶に行くので、モチアワカントリーケーキを焼いてお土産にしました。

CIMG4661.jpg


今日は一日パソコンの前で仕事です。
古い住所録がどうしても、新しいパソコンで使えないので、入力しなおしています。
これでは、今年もHP.にたどり着けない・・・
1月が無理なら、2月があるか。。。


早川町から甲斐とえごまちゃんの赤ちゃんたちの様子が送られてきました。
離乳が終わり、今日から16日にかけて、新しい飼い主のもとへもらわれていきます。
えごまちゃんは、1匹の姿が見えなくなると、他の子どもたちを草むらに隠したそうです。
えごまちゃんも、えごまちゃんのお父さんとお母さんもお別れが辛いでしょう。
子どもたちが、新しい飼い主のもとで、幸せな日々を送れるよう願っています。
2010-01-02_14_24_53えごまベビー

2010-01-02_13_13_24えごまベビー散歩

甲斐ベビー1,6-2

甲斐ベビー1・6
甲斐が赤ちゃんのころにそっくり!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する