身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18日からの4月の料理教室が今日で終わりました。
平日クラスの今日は、お若い方々やママさんが集まるので、とっても賑やかです。
私も皆様からキラキラしたパワーを分けて頂き、元気いっぱいです。

今日は人数が多かったので、まきちゃんにアシスタントに入ってもらえて、とっても助かりました。

毎月、初めて教室に参加される方をお迎えできて、つぶつぶの美味しさに出会った感動が少しずつ拡がっていくのを感じています。
来月も初めての方からご予約を頂いて、朝からハッピーな気持ちで仕事ができました。

今月は「ヒエフィッシュ」がテーマでした。
縄文以前から食べられてきたヒエは、私たち日本人の体質や風土にマッチした食べ物です。
特にカラダを温める働きに優れ、健康と美容の大敵、冷え性改善におすすめ。
 現代食に欠けている鉄分や亜鉛、マンガンなどのミネラルや必須脂肪酸、食物繊維が多く、栄養のチームワーク力が活発に働くので太る心配もありません。
(雑穀グルメダイエットP.74)

炊きあがったばかりのヒエは、そのまま食べてもミルキーな美味しさに感動します。
今回は山芋を混ぜてヒエしんじょを作り、板麩に平たく伸ばして、舌平目風に成形しました。
そして、カレー粉を混ぜた粉をまぶして、多めの油のフライパンでカリッとムニエルにしました。

参加者の皆様はセンスが良く、初めてなのに美味しそうな舌平目風が出来上がりました。
その他に、野菜のヒエそぼろ煮・キャベツの梅酢サラダ・さくらご飯・ワラビと玉ねぎの味噌汁・ワイルドライス入りポンセンクリームを試食しました。
デザートはオレンジムースと三年番茶。

前回のアワそぼろのちらし寿司をご家庭で作られた方からご質問を頂いたり、今回のメニューについても質問いただく等、とっても熱心に学ばれていらっしゃる姿に、私の方が良い刺激を受けました。
参加者の皆様、どうもありがとうございました。

来月は都合により第四週の日曜日から三日間の日程です。
5月23日(日)13:00~16:00   残席わずか
5月24日(月)10:00~13:00
5月25日(火)10:00~13:00   残席わずか
三日間とも同じ内容ですので、ご都合のよろしい日をご予約ください。
テーマは今年初めての「スイーツ編」です。
ヒエ粉とリンゴジュースで作るクリーミーな「フルーツつぶプル」と雑穀ご飯で超簡単に作れる「甘酒」をマスターできます。試食には、つぶつぶソースのパスタとサラダもご用意しますので、お楽しみに~!

IMG_0547.jpg
ムニエルを焼いた方から、順次いただきま~す!!


IMG_0548.jpg
メニューのバランスも良く、美味しかったですよ~!

ワイルドライス入りポンセンクリームですが、昨夜お祝いパーティーで手巻きずしをした際に、レタスとポンセンクリームとアボガドを巻いたのが、好評でした。酢飯と海苔とワサビと醤油にポンセンクリームが加わると濃厚な旨みになります。是非お試しください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。