身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_0613.jpg
前菜三種
左からワラビのお浸し・カリフラワーのアマランサスディップ・タケノコ姫皮煮キヌア添え


IMG_0614.jpg
ヒエの菜の花しんじょのお吸い物


IMG_0615.jpg
ヒエの茶わん蒸し


IMG_0616.jpg
モチアワロールキャベツ冷製


IMG_0617.jpg
筍モチアワご飯

IMG_0618.jpg
デザート
五穀甘酒のほろほろ餡桜餅・甘酒トリュフ・デコポンオレンジムース


この他メインに山菜の天ぷらキヌアトッピングと、締めにふのりたくあんとワラビの味噌汁、最後に出雲の国の紅茶でした。

今、山菜がシーズンになり、とっても美味しいのです。
ワラビのあく抜きは、農協の方に、椿の葉っぱがイイと教えて頂いたので、試しにやってみました。
とっても美味しくアクが抜けたのでおススメです。



親戚に不幸があり、昨日からかおるさんとしもみさんは広島へ行っています。
二人がいないと寂しいねと、静かな夕食でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。