身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はキャンセルのため、料理教室がなくなったので、早川町の陶房煌知までお買い物に行ってきました。
身延の紅葉もきれいですが、早川町は、ここ数日の冷え込みと今日の晴天のおかげで、最高の紅葉でした!
360度錦織のような美しさです。
そして、煌知さんでは、いつもながら気持ちよく迎えて頂き、美味しいお茶を頂きながら、ゆっくり楽しませて頂きました。茶碗蒸しに使いたい小さめの器をお願いしてきました。
「こんな感じの器が欲しい」とイメージをお伝えすると、最初のイメージよりもさらに素敵な器を作って下さるので、いつも待っているのが楽しみです。

帰りにはもう少し先まで足を延ばして、湯島の湯に行ってきました。
源泉かけ流しはもちろんのこと、高温の温泉を木管で長い距離を流して冷ましながら、温度管理をしています。つまり、無加水、無加温の何とも贅沢な本物の温泉です。
カズさんが崇拝するあの野口さんの温泉遺産の認定証も飾ってありましたよ~。
間違いなく、☆5つ!

露天風呂のみ2か所ずつありますが、洗い場は外ではなく室内という優しさ。
絶景の紅葉を見ながら、PH9,6の温泉に浸かり、飲泉もできます。
これで、町外¥500、町内¥200。
早川町はエライ!!

自炊設備の完備したコテージは¥3000から宿泊できるそうです。
合宿にいいかも。。。

まだ紅葉の見ごろが続きますので、是非お出かけください。

IMG_1565.jpg


帰る途中にある森林組合へ寄って、大粒の生ナメコをゲットして、夕食には急いでモチキビを炊いて「ゴボウとナメコの柳川風」を作りました。
IMG_1567.jpg
これ教室で教えたいくらい簡単で美味しかったですよ~!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。