身延自然農園から風の便り

耕さず、肥料農薬を用いず、草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術「自然農」 身延町で自給自足を目指しながら、自然農・雑穀料理を研究・実践する日々の暮らしのお便り。再生中の古民家の様子もお伝えします。  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家はとうとうに包囲されました。。。

今までは侵入してこなかった、生活エリアのすぐ前の畑でちょこんと座りこんで、大豆を食べています。
しもみさんが「こら~~~~~!」と怒っても、動じることもなく、食べ続け、お土産まで持って颯爽と森へ帰って行きました。
慌てて大豆の収穫を始めましたが、途中電話でしもみさんが入室したスキに、また現れて、今度は収穫した大豆を食べているではありませんか。
私はキッチンで仕込み中、火のそばから離れるわけにはいかず。。。

しもみさんが大豆の収穫をしていると、今度は納屋と母屋の間の作業場に置いてあった、柿を箱から出して持ち去り、納屋の屋根の上で食べています。

納屋の軒下の干し柿が狙われているので、夕方には、仕方なく納屋の中に移動しました。

離れた所から見ると、まるでしもみさんがサルと仲良く畑仕事をしているかのような状況です。

モンキードッグのエゴマちゃんとクルミちゃん助けて~!
甲斐はモンキーフレンドなので
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
no title
かい君何とか言ってよ
ご主人さまの一大事じゃないか!
はるの紐を長くしたらどうでしょうか?
さもなければ 大豆の近くに繋ぐとか・・・
前 日光の奥菖蒲が浜へ向かって歩いていて じっとサル達に眺められた時は 嫌〜な感じがしました
その上丹精した食べ物を取られては・・・
今年の山は 実りが少ないのかしら?
2010/11/26(金) 14:47:24 | URL | りーふ #-[ 編集]
Re: りーふさんへ
山はドングリが少なくて、野生動物も必死なのですね。
今日も数回、キッチンから飛び出して行きました。

ハルの鎖を長くしたら、人間の犠牲者が出ます。。。
2010/11/27(土) 00:24:11 | URL | mako #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。